新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『世界のおすもうさん』相撲を愛する人々を訪ね歩く、世界の相撲文化見聞録。 

text by

飯塚さき

飯塚さきSaki Iizuka

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2021/05/18 07:00

『世界のおすもうさん』相撲を愛する人々を訪ね歩く、世界の相撲文化見聞録。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『世界のおすもうさん』和田靜香・金井真紀著 岩波書店 1980円

「引退後、改めて“相撲とはいったい何ぞや”と考えて勉強し始めたら、実に奥深い世界で、考えれば考えるほどわからなくなりました」

 これは、元小結・舞の海さんの談話だ。プロの世界で相撲道を極めた人が探求するからこそ、面白い答えが導かれるのだろう。そう思って、私は当時この言葉をどこか他人事のように聞いていた。取材を続けていても、知らないことはまだまだ多くあるものの、「相撲とは何なのか」、根本的な部分に目が行くことは少なく、自分には無縁の問題のように思えたのだ。

 しかし、本書を読んで、この疑問に対する探求心は俄然大きくなった。本書は、イラストも描いている著者の金井真紀氏が、辺野古の新基地建設反対のデモに参加する場面から始まる。沖縄には伝統的な「沖縄角力」があり、同様にモンゴルには「ブフ(モンゴル相撲)」が、韓国には「シルム」と呼ばれるプロ競技の韓国相撲がある。世界中の相撲を見聞きする旅をしたら楽しいのではないか、というのが本書の発端だ。「スー女」仲間であり、もう一人の著者である和田靜香氏を巻き込んで、物語が進んでいく。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 536文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

相撲の前後の記事

ページトップ