新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『ぼくせん 幕末相撲異聞』勧進相撲がプロレスの前身に? 史実と奇想混じりの幕末小説。 

text by

大矢博子

大矢博子Hiroko Oya

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2018/01/14 07:00

『ぼくせん 幕末相撲異聞』勧進相撲がプロレスの前身に? 史実と奇想混じりの幕末小説。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『ぼくせん 幕末相撲異聞』木村忠啓著 朝日新聞出版 1600円+税

 幕末、文久三年。力士の三峰山は、勧進相撲で相手の髷を掴むという禁じ手を出し、角界を追放されてしまう。

 元行司の庄吉の提案で、上方から流れて来た磯助と一緒に賭け相撲や子ども相手の相撲寺子屋などを始めるが、これも会所から横槍が入った。とにかく、追放された以上「相撲」をとることまかりならん、というわけである。

 そこで庄吉は考えた。相撲でなければいいのだ。土俵は使わない。殴っても蹴ってもいい。足裏以外の体が地面につくか気を失ったら負け。それじゃ体がもたない? 最初から試合の流れと結果を決めておけばいい。善玉と悪玉を出して、最後は善玉が勝つようにしよう。そうすれば芝居だと言って興行が打てる……。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

木村忠啓

相撲の前後のコラム

ページトップ