ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

刺激的な卓見に満ちた相撲の日本発展史。
~宮本徳蔵・著『力士漂泊』~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2014/10/14 10:00

刺激的な卓見に満ちた相撲の日本発展史。~宮本徳蔵・著『力士漂泊』~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『力士漂泊 相撲のアルケオロジー』宮本徳蔵著 講談社文芸文庫 1300円+税

 相撲の場は特別な空間だ。天皇の国技館での観戦をひいて、著者はそこが天皇にとっても「酒や折詰料理を口にしている庶民と座を共にし得るただひとつのトポス」と指摘する。そして、相撲を取るものは「裸になりマワシをしめたとたんに普通人とはちがう、チカラビトに変身」して、王侯貴顕の前でも礼法無視で酒杯をかたむけられる、「身分や地位を越えた人びとの混在が当然」だった昔からの東アジアの伝統、と説く。「なるほど」と思う。本書はこの種の刺激的な卓見で満たされている。

 本書誕生のきっかけは、相撲好きの友人たちとの料理屋での放談だ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

相撲の前後のコラム

ページトップ