“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

【選手権ベスト4】必見“4人”のキーマン 頭脳派10番を封じたい1年生SB、打倒青森山田を誓う2年生守護神

posted2021/01/08 17:00

 
【選手権ベスト4】必見“4人”のキーマン 頭脳派10番を封じたい1年生SB、打倒青森山田を誓う2年生守護神<Number Web> photograph by Naoki Morita/AFLO SPORT

優勝候補・青森山田高校で好調ぶりが際立つ安斎颯馬(3年)

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Naoki Morita/AFLO SPORT

 コロナ禍で迎えた“異例尽くし”の第99回全国高校サッカー選手権大会もベスト4が出そろった。7日に首都圏の1都3県への発令が決まった「緊急事態宣言」の影響で、準決勝以降の開催が危ぶまれたが、これまで観戦可とされていた保護者と学校関係者も含めた“完全無観客”で、従来通りに埼玉スタジアムにて行われることとなった。

 準決勝に駒を進めたのは、山梨学院(山梨)vs.帝京長岡(新潟)、青森山田(青森)vs矢板中央(栃木)。今回はこの4チームのキーマンを1人ずつピックアップしたい。試合順に見ていこう。

山梨学院の新10番像

 11年前の選手権王者の山梨学院。今季のチームは長谷川大監督が鍛え上げた「緻密な守備」が魅力だ。必然的にGK熊倉匠や184cmのCB一瀬大寿に注目が集まるが、キーマンは10番を背負うFW野田武瑠だと思っている。

 4-4-2の2トップの一角に入る野田は時にトップ下の位置に落ちてボールを受け、的確なボールさばきで攻撃の起点やタメをつくる。さらに左右両足で正確なトラップとパス、スムーズなターンをできることも強みだろう。

「僕の役割は、いかにチームのために時間をつくり出すことができるかだと思っています。セカンドボールや最終ライン、ボランチからのパスをしっかりと集約し、最前線のFW久保(壮輝)がいい状態ならそこに預け、前向きにサポートに行く。久保が収められる状態ではなかったら、キープして周りの選手が上がる時間を生み出す。常に周囲の動きを見て判断しています」

 山梨学院の10番というと、これまではいわゆる「ストライカー」タイプが多かった。白崎凌兵(鹿島アントラーズ)、前田大然(横浜F・マリノス)、加藤拓己(早稲田大3年・清水エスパルス内定)、宮崎純真(ヴァンフォーレ甲府)ら、最前線で鋭い裏への抜け出しと打開力でゴールを射抜いていく点取り屋ばかり。

「これまでの10番像とは違うと思います。僕の中の「10番」はドリブルやパスで起点となり、時間をつくり出す選手。自分によって周りが生きるプレーを心がけています」

目指す優勝「自分なりのやり方で」

 守勢に回る時間が長かった昌平(埼玉)との準々決勝でも、野田の周りを生かすプレーは際立っていた。

 中盤にタレントを揃える相手に対し、谷口航大と石川隼大の2年生ダブルボランチと連動し、3ボランチ気味で横のスライドを徹底。マイボールになるや、すぐに前のスペースに飛び出して、最前線の久保をサポートした。久保が孤立をしないように距離を縮めるだけでなく、昌平の素早いプレッシャーに苦しまないように、味方のパスコースを増やす動きを見せた。この10番の気の利いたプレーは、優勝を狙う昌平を確実に苦しめていた。

 準決勝の相手である帝京長岡は、昌平に近いサッカーを志す。準々決勝同様、野田が輝きを見せれるかがカギとなるかもしれない。

「一昨年(18年)のインターハイ(山梨学院が全国優勝)をスタンドで応援していたのですが、10番を背負っていた(宮崎)純真くんはチームを勝利に導く存在だった。タイプは全く違いますが、僕も自分なりのやり方でチームを勝たせられる10番になりたいです」

 3度目の全国制覇へ。「山梨学院の新10番」は自分の仕事を全うする構えだ。

【次ページ】 帝京長岡の1年生サイドバック

1 2 3 4 NEXT
山梨学院高校
野田武瑠
帝京長岡高校
桑原航太
青森山田高校
安斎颯馬
矢板中央高校
藤井陽登

高校サッカーの前後の記事

ページトップ