フィギュアスケートPRESSBACK NUMBER

ミスしても不思議な魅力…村元哉中・高橋大輔組がデビュー 常識を変えるような“化学反応”が?

posted2020/12/03 17:03

 
ミスしても不思議な魅力…村元哉中・高橋大輔組がデビュー 常識を変えるような“化学反応”が?<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

リズムダンスは64.15点で2位、フリーダンスで93.10点の3位となり、合計157.25点で3組3位でデビュー戦となるNHK杯を終えた

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph by

Yukihito Taguchi

 待ちに待った“だいちゃん”のアイスダンスデビューに、会場は嬉しさと感動と、そして笑いの涙で包まれた。

 グランプリシリーズ第6戦のNHK杯(11月27、28日)が大阪府で開かれ、アイスダンスの村元哉中&高橋大輔組が、初陣を飾った。持ち前の演技力で観客を魅了し、生き生きと滑るエネルギーを見せ、そしてアイスダンス独特の技では珍しいミスもする。その全てが、氷を愛し、再び世界と戦うことを選んだ34歳の生き様を描くような2日間だった。

 高橋は昨年12月の全日本選手権を最後にシングル競技から引退。1月のアイスショー後、2月からアメリカ・フロリダで村元と共にアイスダンスの練習を積んできた。コロナの影響で2カ月ほどリンクが閉鎖になるなど、1分でも多く氷に乗りたい高橋にとっては、時間との闘いとなる日々だった。

もっとも時間がかかる課題とは?

「コーチと、リモートでの練習指導になるなど苦労したこともありました。山あり谷ありでここまで辿り着きました」

 試合前日、高橋はそう振り返った。

 シングル選手時代の高橋は、2005年NHK杯で史上初の「ステップでレベル4」を獲得したほど、エッジワークや表現力に秀でていた選手。アイスダンスでもその脚捌きが生かせるかと思いきや、そう簡単にはいかなかった。

「まず言われたのが、つま先です。蹴ったあとのフリーレッグの膝が曲がらないようにするのが、シングルスケーターは甘い部分がある。つま先まできっちり伸ばすというのを毎日、耳にタコが出来るくらい言われました」

 シングルでは「脚を伸ばす」といえば、膝が曲がっていない程度でもOKだが、アイスダンスの場合はつま先まで伸ばす様に意識し、膝がへこむくらいにしっかり伸ばす。これは25年間、シングルの動きが染みついている高橋にとって、もっとも時間のかかる課題だった。

【次ページ】「すごくゴージャスな身体に見えます」

1 2 3 4 5 NEXT
村元哉中
高橋大輔
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ