オリンピックへの道BACK NUMBER

「弱くても、心は折れない」NHK杯、坂本花織の笑顔と三原舞依の涙…互いを励みに歩んでいく

posted2020/12/06 11:02

 
「弱くても、心は折れない」NHK杯、坂本花織の笑顔と三原舞依の涙…互いを励みに歩んでいく<Number Web> photograph by Koki Nagahama - ISU via Getty Images

NHK杯を圧勝した坂本(左)と休養明けのシーズンながら4位に入った三原

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Koki Nagahama - ISU via Getty Images

 変わることの大切さ、変わらないことの大切さ。

 先日行なわれたフィギュアスケートのNHK杯の2人の姿に、それらをあらためて考えた。

 1人は坂本花織、もう1人は三原舞依だ。

 今大会はグランプリシリーズの1つである国際大会だが、新型コロナウイルスの影響により、例年と異なり変則的な運営となった。そのため、参加者のほとんどが日本の選手で競われることになった。

 女子シングルを制したのは坂本だった。

「出せるもんは全部出せたかな」

 ショートプログラム、フリースケーティングともに、1つのエラーもないパーフェクトな演技を披露した。圧巻、あるいは出色、どのように称えられてもよい滑りであった。

 総合得点は2位の樋口新葉(200.98点)に大差をつける229.51点。コロナ禍での特例上、国際スケート連盟の非公認ではあるが、従来の自己ベストを6点近く上回る高得点で優勝した。これは世界歴代7位に相当する得点でもある。

「出せるもんは全部出せたかな、って思います」

 フリーを終えたあとの、スピン、ステップに関する質問への坂本の答えは、象徴的だった。

 まさに持てる力をいかんなく発揮した大会だった。

 昨シーズンとは彼我の歴然とした差があった。

 とりわけフリーの『マトリックス』は、昨シーズンと同じ曲を用いている分、今シーズンの充実が如実に分かる。

 映画のアクションを想起させるハードな動きが振り付けに含まれるプログラムは、体力を要する。昨シーズンは「体力が不足していました」と自ら振り返る場面も散見された。

【次ページ】「1カ月半追い込んだのは無駄じゃなかった」

1 2 3 4 NEXT
坂本花織
三原舞依

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ