スポーツ百珍BACK NUMBER

羽生さんは2年後、ひふみんは8年後。
藤井聡太棋聖、2つ目のタイトルは? 

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph by日本将棋連盟

posted2020/07/17 19:00

羽生さんは2年後、ひふみんは8年後。藤井聡太棋聖、2つ目のタイトルは?<Number Web> photograph by 日本将棋連盟

棋聖戦第4局、「矢倉」の戦いを制してタイトルを獲った藤井棋聖。2つ目も早ければ8月中に獲得できる。

前の最年少タイトル記録保持者、屋敷九段は?

 様々なキャリアを経ての初タイトルとその後を見るだけでも、その人やチームの歴史が垣間見えて面白い。

 ではこれまでの将棋界の歴史に残る名棋士は「2つ目のタイトル」を何歳のタイミングで手に入れたのだろう? いわゆる「八大タイトル」で、初タイトルと2つ目のタイトルを奪取(防衛は含まず)した年齢を調べてみた。

 まず藤井棋聖の前に最年少タイトル記録を持っていた、屋敷伸之九段である。屋敷九段が獲得したのは棋聖なので、初タイトルと2回目を見てみると……。

・初タイトル:18歳(棋聖/1990年)
・2回目:25歳(棋聖/1997年)

 藤井棋聖の誕生で屋敷九段の名前を何度も見た人も多いはず。当時の棋聖戦は1年間に前・後期の2回行われていた。

 その中で屋敷九段は1989年度後期にプロデビュー1年2カ月ながら一気に勝ち上がり、中原誠棋聖に17歳10カ月で最年少タイトル挑戦(2勝3敗で惜敗)。翌'90年度前期にリベンジし、18歳6カ月でのタイトル経験者となった。

 その後は1期防衛したものの、'91年前期に失冠。棋聖のタイトルを取り戻したのは1997年と、7年かかったのだ。

大山康晴と中原誠、大棋士の記録。

 続いては、将棋にあまり馴染みがないであろう人たちでも「この人たちの名前、知ってる!」という棋士の2つ目のタイトルを見ていこう。

<大山康晴>
・初タイトル:27歳(九段※/1950年)
・2つ目:29歳(名人/1952年)
※十段、竜王戦の前身

<中原誠>
・初タイトル:20歳(棋聖/1968年)
・2つ目:23歳(十段/1970年)

【次ページ】 「ひふみん」は初タイトルが28歳。

BACK 1 2 3 4 NEXT
藤井聡太
羽生善治
加藤一二三
中原誠
大山康晴
米長邦雄
谷川浩司
佐藤康光
森内俊之
屋敷伸之
渡辺明
木村一基

ゲームの前後の記事

ページトップ