プロ野球PRESSBACK NUMBER

筒香嘉智は亀で、森友哉はうさぎ。
恩師が語る2人の違いと共通点。 

text by

上原伸一

上原伸一Shinichi Uehara

PROFILE

photograph byRyunosuke Seno

posted2020/06/28 11:50

筒香嘉智は亀で、森友哉はうさぎ。恩師が語る2人の違いと共通点。<Number Web> photograph by Ryunosuke Seno

彼らの野球の原点とも言える堺ビッグボーイズでの恩師・瀬野竜之介を挟んで森友哉(左)と筒香嘉智。

「野球を取ったら何も残らないでは……」

 本来ならメジャー1年目を過ごしていたはずの今シーズン。筒香は目下、新型コロナウィルスの影響で一時帰国を余儀なくされている。

 日本では約3カ月遅れでNPBが開幕したが、MLBはようやく7月24日前後に開幕することが発表された。

 長く待たされた形になったが、瀬野代表によると、筒香は黙々とシーズンに向けて準備をしているという。

 瀬野代表は筒香の家族とも親しい関係にあったのもあって、スポーツウェアを扱う会社を経営するかたわら、プロ1年目から筒香のマネジメントをしている。ただし、オフのテレビ出演などのブッキングはせず、もっぱらいち社会人としての人間教育を重視したアプローチをしてきたという。

「野球選手、アスリートは人としてリスペクトされる存在であってほしいのです。高卒でプロに入るような選手は、筒香もそうですが、子供の頃から野球漬けで、高校では寮生活というパターンが多いです。あまり学校の勉強もしてませんし(笑)、社会のことを何も知らずに、プロの世界に飛び込む。

 それでも結果を出せば、若くして大金を手に入れることができます。それは確かに1つの成功ですが、野球しか知らない、野球を取ったら何も残らないでは、本当に尊敬されるアスリートにはなれないかと。

 ですから筒香にはプロで認められるようになってからも、『人としてリスペクトされる存在であってほしい』ということを言い続けたんです。人として成長すれば、野球選手としても成長できるのではないでしょうか。筒香からすれば、時にはうっとうしく感じる時期もあったと思いますが(笑)」

人間力も磨いてきた筒香だからこそ。

 2019年1月、筒香は外国特派員協会で記者会見を開き、若年層に対する野球指導法の問題を提起した。現役選手がアマチュア球界について、公の場で言及するのは極めて異例のことである。

 現役選手の言葉には重みがあるが、こうした場での発信に説得力を持たすには、人間性も求められる。野球の技術だけでなく、人間力も磨いてきた筒香だからこそ、多くの人が耳を傾けたのだろう。

【次ページ】 「筒香が亀なら、森はうさぎですね」

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
瀬野竜之介
筒香嘉智
森友哉
横浜DeNAベイスターズ
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ