プロ野球PRESSBACK NUMBER

筒香嘉智は亀で、森友哉はうさぎ。
恩師が語る2人の違いと共通点。 

text by

上原伸一

上原伸一Shinichi Uehara

PROFILE

photograph byRyunosuke Seno

posted2020/06/28 11:50

筒香嘉智は亀で、森友哉はうさぎ。恩師が語る2人の違いと共通点。<Number Web> photograph by Ryunosuke Seno

彼らの野球の原点とも言える堺ビッグボーイズでの恩師・瀬野竜之介を挟んで森友哉(左)と筒香嘉智。

「筒香が亀なら、森はうさぎですね」

 昨年初の首位打者となり、シーズンMVPとベストナインにも輝いた西武の森友哉も、堺ビッグボーイズの出身だ。筒香の4期下にあたる森は、筒香とは正反対のタイプだったという。

「小学時代からオリックスジュニアで活躍するなど有名な子で、入って来た時から、なるほどと思わせる技術を持ってました。身体能力も優れていて、なんでもすぐにできちゃうんです。

 筒香が亀なら、森はうさぎですね。勝手にぴょんぴょん伸びていった。毎年納会には来てくれますが、ウチにいたから今があるとか、そういうのはないと思いますよ(笑)」

 下級生時代から大会に出場し、捕手だけでなく投手や野手もこなす万能な選手でもあったが、手を焼いたのがやんちゃぶりだった。瀬野代表は「ホント、お伝えできないようなこともいろいろありましたよ」と笑う。

 ある時、このままではせっかくの才能を埋もれさせかねないと、森に「もうやんちゃはしない」と約束させた。ところが、舌の根も乾かないうちに、森がやんちゃグループとたむろしているところに遭遇する。瀬野代表は約束を破ったことが許せなかった。「お前、俺との約束破ったな」。飛びかからんばかりの勢いで森を叱責する姿に、仲間たちも呆然と立ちすくんだ。ひとしきり“本気の説教”が終わると、瀬野代表は仲間たちにこう諭した。

「この子はな、野球を一生懸命やってる。だからそれを応援してくれへんか。いっぺん、試合も見に来てや」

 後日、そのやんちゃグループは本当に森の試合を見にやって来た。瀬野代表は歓迎し、一緒に試合を観戦したという。それ以来、森は問題を起こすことが少なくなった。

「いい意味で上手く抜けよと伝えました」

 もう1つ、森について懸念していたのが、公称170cmの体だった。

「高校に入って、あの小さな体で無理したらすぐに壊れると心配してました。ですから練習もやり過ぎるなよ。いい意味で上手く抜けよと伝えました」

 結果的に森は大きなケガをすることなく、大阪桐蔭高時代を過ごした。甲子園での活躍もよく知られている通りである。

「いい選手は、これ以上追い込むと危険、というシグナルを察知できる気がします。一生懸命にやるのは大事ですが、ケガをしたら元も子もない。筒香にもそういう能力はありましたね」

【次ページ】 子供ながら「何が必要か理解していた」。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
瀬野竜之介
筒香嘉智
森友哉
横浜DeNAベイスターズ
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ