プロ野球PRESSBACK NUMBER

筒香嘉智は亀で、森友哉はうさぎ。
恩師が語る2人の違いと共通点。 

text by

上原伸一

上原伸一Shinichi Uehara

PROFILE

photograph byRyunosuke Seno

posted2020/06/28 11:50

筒香嘉智は亀で、森友哉はうさぎ。恩師が語る2人の違いと共通点。<Number Web> photograph by Ryunosuke Seno

彼らの野球の原点とも言える堺ビッグボーイズでの恩師・瀬野竜之介を挟んで森友哉(左)と筒香嘉智。

子供ながら「何が必要か理解していた」。

 筒香と森の性格はまるで違ったが、2人には共通するところがあったという。

 それはレベルアップするには何が必要か理解していたことだ。

 実は筒香は、堺ビッグボーイズが取り入れている基礎的な身体を動かす運動、たとえば、ブリッジや前回り、後ろ回り、逆立ちなどのメニューが苦手だった。大柄な選手にはつきものでもある。しかし、筒香は決しておざなりにはしなかった。

「こういうことも自分には必要と分かっていたのでしょう。苦手だから……で済ませず、次の時に見たら、ちゃんとできるようになっているんです。きっと家に帰ってからできるまでやっていたんだと思います」

 森はやんちゃではあったが、1年秋に試合以外は木製バットを使え、練習では全て逆方向に打てと指示されると、忠実に従った。当時から引っ張れば飛ばせたのに、その気持ちを抑えたのだ。

 森もまたこれが自分の成長につながることを分かっていた。瀬野代表は「普通の中1なら、練習でも大きいのを打ちたいし、それを見せたいと思うんですよ。まだ子供ですし、やんちゃな性格ならなおさらですよね。でも、森はとことん丁寧に逆方向に打ってましたね」と振り返る。

 自分にとって何が必要か気付けるなら、何が必要でないかにも気付ける。これは本当に自分に合っているのか、それとも合っていないのか――。取捨選択できる能力も、高校やプロでのレベルアップを促したに違いない。

「親が出たがるところの子供はまず伸びません」

 2人の家族のスタンスにも共通するものがあった。筒香家も森家も、両親は決して息子より前には出なかったという。

 瀬野代表はこう語る。

「指導者になってから長いこと選手だけでなく、いろいろな親御さんも見てきましたが、親が出たがるところの子供はまず伸びません。子供がちょっと有名になると、勘違いしてしまう親がいるんですが(苦笑)、筒香の両親も、森の両親もどんなに息子が活躍しても謙虚でしたね。チームがあっての息子、というスタンスでした。

 筒香の両親は、息子が横浜高を卒業してからも、和歌山から神奈川まで予選の応援に行っているそうです。なかなかできることではありません」

【次ページ】 堺ビッグボーイズで全国大会を連覇したが……。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
瀬野竜之介
筒香嘉智
森友哉
横浜DeNAベイスターズ
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ