フィギュアスケートPRESSBACK NUMBER

世界フィギュア、震災で代替開催。
思い出すスケーターたちの結びつき。

posted2020/04/24 11:40

 
世界フィギュア、震災で代替開催。思い出すスケーターたちの結びつき。<Number Web> photograph by Atsushi Hashimoto

東日本大震災のためロシアでの代替開催となった世界フィギュアで、バンクーバー五輪金メダリストのキム・ヨナらを抑えて優勝した安藤美姫。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Atsushi Hashimoto

 それは、特別な光景だった。

 2011年4月24日、ロシア・モスクワでフィギュアスケートの世界選手権が開幕した。

 当初、予定されていた日時と場所ではなかった。 

 このシーズンは3月21日から27日にかけて、東京・代々木競技場第一体育館で開催されることになっていた。

 一転したのは3月11日のことだった。東日本大震災により、14日、一度は中止が発表された。

 16日、日本スケート連盟の橋本聖子会長(当時)が国際スケート連盟の意向も受け、9月ないしは10月前半に日本で開催する方針を表明した。

 ただ、やはり翌シーズン初頭に行うことには、選手の年間スケジュール、会場探しなどさまざまな点で無理があり、4月24日からロシア・モスクワで代替開催することとなった。

「世界中のみんなが心配してくれているんだ」

 日本から出場したのは、高橋大輔、織田信成、小塚崇彦。安藤美姫、浅田真央、村上佳菜子。ペアは高橋成美、マーヴィン・トラン。アイスダンスはキャシー・リード、クリス・リードであった。

 常とは異なる世界選手権であるのを印象付けたのは、オープニングセレモニーだった。

 さまざまな選手の映像が流れ、ファンファーレが場内に響く。

 ライトアップされたリンクに、投影された日の丸が浮かび上がる。映像は桜、海、さらに地球や青空に変化する。

 再び日の丸が浮かび上がると、様々な民族衣装を着たスケーターたちが囲んだ。

 その情景に、小塚は心に浮かんだ思いを、こう言葉にした。

「世界中のみんなが心配してくれているんだ。自分も、被災した方々への気持ちをこめて滑りたい」

【次ページ】「自分に自分で責任を持つ」ことをテーマに。

1 2 3 NEXT
高橋大輔
織田信成
小塚崇彦
安藤美姫
浅田真央
村上佳菜子
高橋成美
マーヴィン・トラン
キャシー・リード
クリス・リード

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ