SCORE CARDBACK NUMBER

指導者となった矢先の訃報。
弟クリスへ姉から決意の言葉。
~日本のスケート界を背負って~

posted2020/04/25 08:30

 
指導者となった矢先の訃報。弟クリスへ姉から決意の言葉。~日本のスケート界を背負って~<Number Web> photograph by Getty Images

ソチ五輪団体戦で姉キャシーと演技するクリス。バンクーバーから村元哉中と組んだ平昌まで3大会連続で出場。

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph by

Getty Images

 アイスダンスで五輪に3度出場したクリス・リード氏が3月15日、30歳の若さで急逝した。心臓突然死だったという。姉のキャシーと共に、1月から関西空港アイスアリーナで若手育成のスクールを始めたばかりだった。

 クリスとキャシーが初めてスケート靴を履いたのは'92年、2人が3歳と5歳の時。二子玉川の屋外スケート場だった。米国人である父の転勤で米国、香港、オーストラリアと移住しながらもスケートを続けた。転機となったのは'05年。荒川静香や高橋大輔を指導していたニコライ・モロゾフのチームに加入すると、一気に才能を開花させ、'06年全米選手権でノービス部門のチャンピオンに。母が日本人のため、関係者の薦めで日本代表へと移籍した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 585文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

クリス・リード
キャシー・リード

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ