日々是バスケBACK NUMBER

日本女子バスケのホープ林真帆。
世界との差を感じたシカゴでの日々。

posted2020/04/28 11:00

 
日本女子バスケのホープ林真帆。世界との差を感じたシカゴでの日々。<Number Web> photograph by Yoko Miyaji

より上のレベルのバスケットボールを知ることで、さらに好きになる……林真帆の挑戦は始まったばかりだ。

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Yoko Miyaji

 今年2月、林真帆(現東京医療保健大)はシカゴで開催されたバスケットボール・ウィズアウト・ボーダーズ(以下BWB)グローバルキャンプに参加した。NBAオールスター・ウィークエンドの一環として開催されたもので、女子選手は世界から24人が参加。日本から唯一参加した林は、初めて訪れたアメリカで、世界の選手に交じってプレーした。

 高いレベルでやったことで思うようにいかずに悩み、自分の力不足を感じた面もあった。

「身体の当たりだったり、そういうところから全然、アジアと比べて違った。こういうなかでもしっかり自分が出せるような技術を、もっとつけていきたいなと思います」と林は語る。

 シュートを得意とする林だが、欲しいタイミングでパスをもらえず、待っているだけで何もできない場面が多かった。ボールがこないことには、自分の持ち味も出せない。言葉の壁もあって、チームメイトに自分の思いを伝えることも難しかった。

 それでも、「(言葉は)通じないんですけれど、表情だったり、手ぶりとかでコミュニケーションをちょっとは取れたかなって。そこが楽しかったです」と振り返った。

林の成長を見守る代表アシスタントコーチ。

 林が4月から進学した東京医療保健大のヘッドコーチで、日本代表のアシスタントコーチでもある恩塚亨は、そんな林を3日間、コートサイドから見守っていた。

 最初のうちは言葉が通じず、パスが来ないことに戸惑っている様子だった林が、途中からは気持ちを切り替え、自分ができることに集中できるようになったと喜び、成長したと評価した。

「パスが来ないとか、ルールがちょっと違うとか、言葉のこととか。自分にコントロールできないことがかなり多かったと思うんですけれど、そこに引っ張られるんじゃなくて、そのなかで自分ができることが何かっていうのを見つけてプレーできたときはうまくいっていたんじゃないかなと思う。

 自分がコントロールできることを探してその中でやっていく部分と、適応していくっていう部分と、両方を大事にしていってほしいなっていうふうに思っています」

【次ページ】 最初は積極的ではなかったが……。

1 2 3 4 NEXT
林真帆
恩塚亨
今野紀花

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ