オリンピックへの道BACK NUMBER

強さの要因は「厚底」だけではない。
哲学者・キプチョゲのマル秘ノート。

posted2020/02/09 20:00

 
強さの要因は「厚底」だけではない。哲学者・キプチョゲのマル秘ノート。<Number Web> photograph by KYODO

2019年10月12日の特別レースで非公認ながら、男子史上初の「2時間切り」を達成したエリウド・キプチョゲ。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

KYODO

 厚底シューズが大きな話題となってきたマラソン界だが、厚底シューズと言えば、エリウド・キプチョゲの名前もまた、連想される。男子マラソンの、中心にいるランナーこそ、彼にほかならない。

 あらためて経歴をたどりたい。

 1984年11月5日、ケニアで生まれた。

 陸上を始めると台頭。2004年、19歳で出場したアテネ五輪5000mで銅メダルを獲得すると、2008年の北京五輪同種目で銀メダルを獲得した。

 2012年、マラソンに転向するとその翌年の初マラソンで好記録をマークし優勝。

 2016年のリオデジャネイロ五輪ではマラソンでついに金メダル。それは10代、20代、30代それぞれでメダルを手にすることになった瞬間でもあった。

ついに2時間の壁を破る。

 キプチョゲの名を知らしめたのは、こうした成績のみならず、2時間の壁にチャレンジしてきたことだ。

 2017年のナイキによる企画「ブレイキング2」で2時間0分25秒をマーク。また、昨年はイネオス社主催の「イネオス1:59チャレンジ」に出場。1時間59分40秒と、ついに2時間の壁を破ったのである。

 この2レースは公認されていないため、記録は非公式のもの。それでも2時間を破ったインパクトは大きかった。

 そして履いていたのは厚底シューズであった。厚底シューズの威力を知らしめるレースともなった。

【次ページ】 公式レース12回出場で11回優勝。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

エリウド・キプチョゲ
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ