オリンピック名著探訪 「五輪の書」を読むBACK NUMBER

『アベベ・ビキラ「裸足の哲人」の栄光と悲劇の生涯』五輪随一の劇的シーンを生んだ「裸足のアベベ」の光と影。 

text by

後藤正治

後藤正治Masaharu Goto

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2020/02/09 08:00

『アベベ・ビキラ「裸足の哲人」の栄光と悲劇の生涯』五輪随一の劇的シーンを生んだ「裸足のアベベ」の光と影。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『アベベ・ビキラ「裸足の哲人」の栄光と悲劇の生涯』ティム・ジューダ著 草思社文庫 2011年刊、2019年文庫化 900円+税

 私のオリンピックの記憶は1960(昭和35)年のローマ五輪からであるが、エチオピアのアベベ・ビキラという名を耳にし、苗字と名前はどちらなのか……と思ったことを覚えている。

 本書は、年月を経て、イギリス人ジャーナリストがたどったアベべへの旅であるが、取材は世界に及んでいる。

 マラソンコースは古代ローマの遺跡を縫った、趣きあるものだった。終盤、口ひげを蓄えた褐色の走者が先頭に立つ。裸足だ。「生霊さながらの様子で駆け抜けていく走者に、(沿道の)女たちはひざまずいて十字を切った」とある。

 記者席は大騒ぎとなった。走者がだれなのか、だれも知らなかったからだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 590文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ラグビー再入門

Sports Graphic Number 996

ラグビー再入門

 

関連記事

アベベ・ビキラ
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ