オリンピックへの道BACK NUMBER

強さの要因は「厚底」だけではない。
哲学者・キプチョゲのマル秘ノート。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byKYODO

posted2020/02/09 20:00

強さの要因は「厚底」だけではない。哲学者・キプチョゲのマル秘ノート。<Number Web> photograph by KYODO

2019年10月12日の特別レースで非公認ながら、男子史上初の「2時間切り」を達成したエリウド・キプチョゲ。

「哲学者」と形容されることも。

 それらのエピソードだけでも、真摯であり自己管理の徹底していることがうかがえる。簡単にぶれたりする人ではないことも伝わってくる。

 そこから繰り出される言葉から、「哲学者」と形容されることもあった。

 35歳の今日まで、長年にわたりトップランナーとして君臨してきたこと、レースで失敗がないこと、それらもまた、キプチョゲの取り組みあってこそにほかならない。

 非公認記録ながら2時間を切ることができたのは、厚底シューズの力はたしかにあるだろう。

 それでも、キプチョゲであったからこそ成し遂げることができたのもまた、事実だ。

 道具の進化が選手のパフォーマンスを向上させ、記録を伸ばす。

 それでも、主役は選手にほかならない。

 キプチョゲの足跡や姿勢からしても、そう思わずにはいられない。

関連記事

BACK 1 2 3
エリウド・キプチョゲ
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ