オリンピック4位という人生BACK NUMBER

<オリンピック4位という人生(3)>
ミュンヘン五輪「神からのメダル」

posted2020/01/26 11:30

 
<オリンピック4位という人生(3)>ミュンヘン五輪「神からのメダル」<Number Web> photograph by PHOTO KISHIMOTO

レスリングフリー62kg級で4位となった阿部巨史。メダルの期待をその一身に背負っていた。

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

PHOTO KISHIMOTO

フリー62kg級以下の3種目で五輪2連覇を果たしていた日本レスリング男子。期待されたミュンヘンでひとりその使命を果たせなかった男は、祖国を飛び出す――。

2020年五輪イヤーにあたって、Number989号から連載スタートした『オリンピック4位という人生』を特別に掲載します!

 その夢はいつも忘れたころに夜の静寂を破ってやってきて、阿部巨史(きよし)を1972年のミュンヘンへと引き戻した。

「オリンピックが近づいてくる夢です。金メダルを取らなければという強迫観念が追いかけてくる。それでロードワークにいかなきゃとガバッと起きる。それで……、また忘れたころに同じ夢を見るんです」

 布団を撥ね上げ、ベッドから窓を見る。外には闇に包まれたニューヨークの街が広がっている。そこでようやく自分が今、別の世界にいることを確認する。阿部は10年もの間、そうしたことを繰り返してきた。

 1972年、ミュンヘン・オリンピック。西ドイツ北部ハノーファーのコンベンションセンターに阿部はいた。日本レスリング界のエースとしてマットの上に立っていた。

 そして追いつめられていた。

フォール勝ちできず、まずいなと。

「私は金メダルしか狙っていませんでしたが、1戦目、2戦目と思うようにフォール勝ちできず、まずいなと感じていたんです」

 この時代は「バッド・マーク・システム」が採用されていた。各選手に持ち点6が与えられ、勝敗により以下の減点が課された。

 ●フォール勝ち=±0、負け=-4

 ●判定勝ち=-1、負け=-3(10ポイント以上の差がつくと各-0.5、-3.5となる)

 ●引き分け=-2

 試合を重ねるなかで持ち点がなくなった選手から敗退となり、最終的に残った選手の中で持ち点順にメダルが決まる。

 阿部は3戦目まで全勝したが、うち2つは判定勝ちで持ち点は5になっていた。想定外の減点に焦りを抱えながら、4戦目、優勝争いのライバル、ソ連のアブドゥルべコフと戦うことになった。

「相手はあまり攻めてこないタイプの選手でした。試合が膠着してお互いに審判に注意され、あのままなら失格の可能性もあった。そうしたら途中で相手が私に話しかけてきた。私は言葉がわからなかったですし、とにかく金メダルしか考えていなかったのでフォールを狙っていった。それで頭が下がったところをひっくり返されて……」

 勝ちにいったことが裏目に出てポイントを奪われた。判定負けで持ち点は2。致命傷だった。金メダルは絶望的となった。

【次ページ】 2位の賞状は後で破って捨てていた。

1 2 3 4 NEXT
阿部巨史
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後のコラム

ページトップ