球体とリズムBACK NUMBER

ファンダイクほど完璧ではないが、
南野拓実のリバプール初陣は上々だ。

posted2020/01/07 11:40

 
ファンダイクほど完璧ではないが、南野拓実のリバプール初陣は上々だ。<Number Web> photograph by Getty Images

対戦相手エバートンは明らかに本気だった。今後もタフな相手が続く中で南野拓実はどれだけインパクトを残せるか。

text by

井川洋一

井川洋一Yoichi Igawa

PROFILE

photograph by

Getty Images

 あの34分のクロスを確実に頭で捉えていたら、ビルヒル・ファンダイクと同じ第一歩を踏み出せていたはずだ。

 2020年1月5日、リバプールの本拠地アンフィールドで行われたFAカップ3回戦のエバートン戦で、南野拓実は新天地にデビューした。ちょうど2年前の同じ日、同じ場所、同じ舞台、同じダービーで、サウサンプトンから入団したファンダイクもリバプールで初の実戦の機会を得た。

 そしてこの長身DFは終盤にCKからヘディングで決勝点を奪い、さっそくサポーターに歓喜をもたらしている。マージーサイド・ダービーの勝利には、特別な意味があるのだ。

 だから今回の日本代表アタッカーの初陣を、今や世界一と評されるオランダ代表CBのデビュー戦になぞらえる向きもあった。同じ街の宿敵との一戦で最高のデビューを飾れば、看板の3トップの控えという立ち位置も早々に改められるかもしれない、と。

ほぼノーインパクトに終わったが。

 しかしニュートラルに言って、南野はデビュー戦でほぼノーインパクトに終わった。唯一の見せ場は冒頭の前半なかばに訪れ、左サイドのディボク・オリジからのクロスに頭を合わせようとしたが、うまくミートできなかった。あれを決めていれば、2年前のファンダイクと同じようにすぐさまファンの心を掴み、早くもチーム内で重要な居場所を得ていたかもしれない。

 むろん、これは物事に繋がりを見出そうとするジャーナリスティックな見方に過ぎない。偶然の一致が最良の帰結とならないことの方が多いだろう。それに状況も異なる。

 2年前の一戦では、リバプールも相手と同様に、その時点のフルメンバーを先発に並べた。

 しかし今回、ユルゲン・クロップ監督はタイトな日程と複数の負傷者を考慮して、3人のティーンエイジャーと2人のデビュータレントを含む、Bチームと呼べる編成で臨んだ。南野は4-1-2-3システムの頂点を任され、レギュラーのロベルト・フィルミーノのような働きが期待された。

【次ページ】 ニューカマーへのパスは減った。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

南野拓実
リバプール
ビルヒル・ファンダイク
ユルゲン・クロップ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ