箱根駅伝PRESSBACK NUMBER

12月10日は箱根駅伝への運命の日。
エントリーから外れた主力たち。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2019/12/14 11:50

12月10日は箱根駅伝への運命の日。エントリーから外れた主力たち。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

青山学院大学の竹石尚人は自ら辞退を原監督に伝えたという。箱根の厳しさと価値を知るからこその決断だろう。

主力級を抑えてメンバー入りした選手たち。

 同時に注目すべきは、落選した主力級の選手を越え、メンバー入りを果たした選手たちだ。

 東海大で言えば上尾ハーフで63分34秒の自己ベストを出した羽田智哉(4年)であり、同じく63分10秒の自己ベストを出した米田智哉(3年)。

 奇遇にも2人の名前は同じ智哉である。3大駅伝未経験の2人だが、上尾でのレースとその後の合宿中に見せた調子の良さを維持できれば、これからもチーム内にポジティブな緊張状態がつづくことになる。

 青学大は、11月の1万m記録挑戦会で初レースながら29分17秒87を出した早田祥也(2年)だろう。ラストの記録会で結果を出した選手がメンバー入りするのは、チームを勢いづかせるものだ。他大学にも最終兵器としてメンバー入りしている選手がいる。

12月10日は、気持ちを切り替える日。

 29日の区間エントリー発表までは、監督は10の区間配置の最終調整をしつつ、16名の選手の調子を見極める時間になる。

 16名に選ばれた選手は本番に合わせて練習をしつつ、1月2日、3日に向けてピーキングをしていく。

 そして箱根メンバーから漏れた主力級の選手たちは、練習で先頭を走って引っ張ったり、チーム内での仕事や雑用などを手伝い、16名をサポートしていく。

 気持ちを切り替えるのは簡単なことではないが、12月10日を迎え、彼らはメンバー選考に間に合うか悩み苦しんだ状況からは解放された。

 そして、裏方に回る覚悟を決める。そこでの彼らの振る舞いが箱根出走メンバーに刺激を与え、チームの大きな力になる。

 箱根駅伝16名のメンバー発表は、そういう日でもあるのだ。

関連記事

BACK 1 2 3

陸上の前後の記事

ページトップ