話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

松井大輔が目をかけるドリブラー。
横浜FC・松尾佑介は五輪を目指す。

posted2019/09/25 18:00

 
松井大輔が目をかけるドリブラー。横浜FC・松尾佑介は五輪を目指す。<Number Web> photograph by Getty images

東京五輪世代の前線はタレントの宝庫だが、松尾佑介もまた際立つ個性を持っている。

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

Getty images

 久しぶりに「速いなぁ」と腰を浮かさせてくれた。

 横浜FCのサイドハーフでプレーする中山克広と松尾佑介である。

 とりわけ興味を引いたのは、左サイドハーフの松尾だ。

 仙台大学の4年生だが特別指定選手となり、すでに来季の横浜FC入団が内定している。

 6月29日のファジアーノ岡山戦でJリーグデビューを果たすと、すぐにレギュラーの座を獲得し、11試合に出場して4アシスト4ゴール。この日のFC町田ゼルビア戦もスタメン出場を果たし、スコアレスドローながらクラブレコードタイとなる15試合無敗に貢献した。

 プレーからは負けん気の強さが伝わってくる。ボールを持てばゴリゴリと仕掛け、プロ相手に『とってみろ』と強気な高速ドリブルを仕掛ける。その姿勢が小気味いい。もちろんドリブルだけではなく裏に抜け出すタイミングも良く、相手の背後に出されたボールに対するヨーイドンの競走にも負けない。

「相手に警戒されても行けてしまうスピードがある」

 下平隆宏監督の評価は高い。

速い、そして足運びが細かい。

 松尾は、小学生の時に埼玉県の選抜でプレーしたことがあるが、世代別の代表経験はない。

 レッズユースでは中塩大貴(立正大・甲府内定)と同期だったが、トップに昇格できず、大槻毅(現浦和レッズ監督)ユース監督に紹介されて仙台大学に進学。都内の大学という選択肢もあったが、「環境を変えるために」ということであえて杜の都を選択した。

 ユース時代はスピードでは荻原拓也(浦和レッズ)の方が速かったというが、松尾も「スピードに自信があった」という。大学では100mのタイムを計ったことはないが「11秒台前半」と俊足であることは間違いない。

 その走り方も特徴的だ。スピード系の永井謙佑(FC東京)や前田大然(マリティモ)のような大きなストライドではなく、ピッチが速く、足首で細かく蹴って走っている。そのためボールをコントロールしやすく、ドリブルとの相性がいい。前傾で深く、絶妙なポジションにボールを置いて動かしているので、相手は容易に飛び込めないのだ。

【次ページ】 「対策されるレベルになったのはポジティブ」

1 2 3 NEXT
松尾佑介
横浜FC
オリンピック・パラリンピック
東京五輪

Jリーグの前後のコラム

ページトップ