バスケットボールPRESSBACK NUMBER

八村塁不在でも日本バスケに見たい、
アメリカ戦・馬場雄大のような姿勢。

posted2019/09/07 11:50

 
八村塁不在でも日本バスケに見たい、アメリカ戦・馬場雄大のような姿勢。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

八村塁(左)が完璧に封じられた中、気を吐いた馬場雄大。アメリカとの実力差を味わえたことは今後に生きるはずである。

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph by

Yukihito Taguchi

 決定的な差を見せつけられる大敗だったからこそ、見えてくるものはあった。

「言い訳はありません。これが僕たちの今の実力です。とにかく、前を向いて、次の試合に向かっていかないといけません」

 アメリカ代表の実力を肌感覚として知っている、NBAプレーヤー渡邊雄太の言葉に嘘はない。

 45-98

 53点差をつけられての完敗だった。アメリカが第4Q(クォーター)でペースを落としていなければ、さらに点差が広がっていても不思議ではなかった。

 ちなみに、ここまでの日本とアメリカの戦いぶりを振り返ると、以下のようになる。

 アメリカvs.トルコ 
   延長戦にもつれ込んだ末に1点差でアメリカの勝ち
 アメリカvs.チェコ
   21点差でアメリカの勝ち

 日本vs.トルコ
   19点差で日本の負け
 日本vs.チェコ
   13点差で日本の負け

 2試合の結果を振り返れば、最終的にペースを落としたアメリカに53点差をつけられるほど、日本の力が劣っているようには見えないのだが……。

竹内公輔が分析した大敗の要因。

 どうして、ここまでの点差がついたのか。

 その理由を探る時、チーム最年長の竹内公輔(宇都宮ブレックス)の分析はヒントになる。

「例えば、アメリカとトルコを比べると、チーム力だけを見たらトルコの方が上だったかもしれないですよね。トルコは5人が連動して、アメリカを追いつめていました。僕たちもチームとしてもっとボールを回していくような戦いをしないといけなかったのに、攻撃は単発になってしまったので」

【次ページ】 アメリカの守備の圧がすごかった。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

渡邊雄太
八村塁
馬場雄大
フリオ・ラマス

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ