JリーグPRESSBACK NUMBER

小笠原満男が子供達に伝える自立心。
「荷物ぐちゃぐちゃでもいいんだよ」

posted2019/08/15 11:40

 
小笠原満男が子供達に伝える自立心。「荷物ぐちゃぐちゃでもいいんだよ」<Number Web> photograph by J.LEAGUE

これまでキャリアで得たことを子どもたちに還元する小笠原満男。サッカーの指導を通じて自立の重要性を伝えていく。

text by

池田博一

池田博一Hirokazu Ikeda

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

「勉強しに行って来ます」

 8月5日、小笠原満男が自身初めてのアカデミー海外遠征に出発した。

 向かうは中国の上海。「YOUTH INTERNATIONAL CHALLENGE CUP」に出場する鹿島アントラーズジュニアユースへの同行となる。参加チームは中国に限らず、アトレティコ・パラナエンセ(ブラジル)、アンデルレヒト(ベルギー)、ウォルバーハンプトン(イングランド)も名を連ねる。

 遠征中、小笠原は子どもたちのプレーだけでなく、ピッチに立つまでの過程にも目を配っている。遠征に持参する荷物、ビュッフェ形式の食事、ホテルでの時間の過ごし方、そして試合への準備。

 たとえ、荷物の中身が整理整頓されていなくても、そこに明確な理由があれば、小笠原は目を細める。

「(自分も)遠征の準備は、必要最低限。あとは、あるものでなんとかする。俺にとっての準備はそんなところだから」

「自分のことは自分で」

 21年にわたりプロ生活を続けた小笠原は言う。

「トップの選手がまさにそうなんだけど、自分のことを自分でできない選手はたいていつぶれる。それはこれまで見てきた経験から、僕だから言えること。今のアカデミーにいる子どもたちの親御さんたちにも知ってほしい」

 子どもの自立心を育む。育児において、目指すべきところだろう。それは、サッカーの指導においても同じと、小笠原は強調する。それも、プロを目指す選手にとっては、特に。

【次ページ】 子どもたちと接して気になること。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

鹿島アントラーズ
小笠原満男

Jリーグの前後のコラム

ページトップ