小笠原満男 

37件中 1 - 20件を表示
現役のレジェンド、38歳の中村憲剛。今も成長し続ける秘訣を聞いてみた。

Number Ex

現役のレジェンド、38歳の中村憲剛。
今も成長し続ける秘訣を聞いてみた。

昨季シーズン終了後、長年、日本サッカー界を支えてきたレジェンドたちが、次々と現役生活にピリオドを打った。川口能活、楢崎正… 続きを読む

石井宏美(Number編集部)Hiromi Ishii

2019/02/05

小笠原満男はいつも正直だった。悔しさを胸に戦い続けた男の引退。

JリーグPRESS

小笠原満男はいつも正直だった。
悔しさを胸に戦い続けた男の引退。

「今もスッキリしていないですよ」12月28日、引退会見後に行われた囲み取材。「スッキリしたのはいつだったか?」と訊いたとき、… 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2019/01/08

小笠原満男が掲げたACL優勝カップ。「キャプテンはあなたですから」

JリーグPRESS

小笠原満男が掲げたACL優勝カップ。
「キャプテンはあなたですから」

優勝セレモニーを待つ間、ピッチ中央に立っていた大岩剛監督のもとに突然選手たちが駆け寄り、ペットボトルの水をシャワーのよう… 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2018/11/13

ACL決勝、の前にわかった強さの源。鹿島で個人アピールは許されない。

JリーグPRESS

ACL決勝、の前にわかった強さの源。
鹿島で個人アピールは許されない。

「欧州の選手にとって(欧州)チャンピオンズリーグはレベルがグッとあがる。Jリーグの選手にとってACLの決勝はアジアで1番の舞… 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2018/11/09

内田篤人の帰還と、小笠原満男。昨年冬に語った「鹿島の血の継承」。

ミックスゾーンの行間

内田篤人の帰還と、小笠原満男。
昨年冬に語った「鹿島の血の継承」。

内田篤人が、鹿島アントラーズに戻ってきた。約7年半ぶりのJリーグ復帰。2015年以降、長らく膝のケガに苦しみ満足なプレーができ… 続きを読む

西川結城Yuki Nishikawa

2018/01/09

結局、鹿島と何が違うのだろうか。浦和の「勝負強さ」問題はまだ続く。

Jをめぐる冒険

結局、鹿島と何が違うのだろうか。
浦和の「勝負強さ」問題はまだ続く。

どんなトレーニングでも妥協せず、厳しく取り組む姿勢が、目に見える結果になって表れたとき、人はそれを「勝負強さ」と呼ぶのか… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2017/09/22

俊輔に授業料を払い、浦和を完封。昌子源「この勝利は勝ち点6の価値」

話が終わったらボールを蹴ろう

俊輔に授業料を払い、浦和を完封。
昌子源「この勝利は勝ち点6の価値」

浦和レッズに1-0で勝った瞬間、昌子源は満面の笑みを浮かべてハイタッチをした。「1失点は覚悟して臨んだ」という難敵相手に完… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2017/05/09

ボランチが守備型+守備型の問題点。福西崇史「シュンやヒデと組む時は……」

福西崇史の「考えるサッカー」

ボランチが守備型+守備型の問題点。
福西崇史「シュンやヒデと組む時は……」

W杯出場権獲得を狙う上で、タイ相手に4点差で勝ったことはもちろん評価すべきです。ただそれと同時に「ボランチって、本当に難し… 続きを読む

福西崇史Takashi Fukunishi

2017/03/29

今もアジアでは頭ひとつ抜けている?ハリルJが証明した代表の潜在能力。

ワインとシエスタとフットボールと

今もアジアでは頭ひとつ抜けている?
ハリルJが証明した代表の潜在能力。

今からもう10年以上前になるだろうか。バーレーンの首都マナマでバーレーン代表を取材したときのことだった。無人のピッチを歩い… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2017/03/28

「リハビリ中、たくさん泣いたんだ」内田篤人が明かす苦闘の1年9カ月。

Number PLAYBACK

「リハビリ中、たくさん泣いたんだ」
内田篤人が明かす苦闘の1年9カ月。

日本が誇る右サイドバックが、ようやくピッチに戻ってきた。右膝の激痛に耐えながら、ひたすらリハビリを続ける日々の中、いかに… 続きを読む

了戒美子Yoshiko Ryokai

2017/02/10

柳沢、森本がプレーした島が……。シチリアからセリエAクラブが消滅?

セリエA ダイレクト・レポート

柳沢、森本がプレーした島が……。
シチリアからセリエAクラブが消滅?

シチリア島のサッカーが危うい。州都パレルモでは、1月下旬だというのに気温が20度近くにも達し厳冬とは無縁だが、町のクラブは… 続きを読む

弓削高志Takashi Yuge

2017/01/27

笑わない男・小笠原満男が笑った日。現チームの礎を作ったあのタイトル。

JリーグPRESS

笑わない男・小笠原満男が笑った日。
現チームの礎を作ったあのタイトル。

2017年、天皇杯決勝戦。鹿島アントラーズが延長前半4分の勝ち越し弾を守り、クラブ5度目となる天皇杯優勝を遂げた。これで、鹿島… 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2017/01/06

レアルをたじろがせた、小笠原“魂”のデュエル。~セリエAで会得した、バッチバチの守備~

SCORE CARD

レアルをたじろがせた、小笠原“魂”の
デュエル。~セリエAで会得した、
バッチバチの守備~

鹿島アントラーズのキャプテン、小笠原満男は悔しさに満ちていた。「勝ちたかった。俺らは結果を求めてやっていたんで勝てなくて… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

有料

2016/12/31

小笠原満男が絵馬に書いた「世界一」。レアル相手でも、ひょっとしたら……。

JリーグPRESS

小笠原満男が絵馬に書いた「世界一」。
レアル相手でも、ひょっとしたら……。

話は2010年までさかのぼる。1月、鹿島アントラーズの選手たちは、鹿島神宮でシーズン開幕前恒例の必勝祈願を行った。このとき、… 続きを読む

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

2016/12/17

鹿島、「理想のサイクル」の証明。タブーなき積極采配と勝利への渇望。

Jをめぐる冒険

鹿島、「理想のサイクル」の証明。
タブーなき積極采配と勝利への渇望。

鹿島アントラーズのキャプテン、小笠原満男の表情には、やはり笑みがなかった。 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2016/12/05

鹿島の決壊を防いだ門番・昌子源。世代交代とタイトル、二兎を追う。

“ユース教授”のサッカージャーナル

鹿島の決壊を防いだ門番・昌子源。
世代交代とタイトル、二兎を追う。

「鹿島はタイトルを獲らないといけないチーム。今年は獲らなきゃいけない年だと思っている。そのために自分は全力を尽くさないと… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2016/12/02

「何も手にしていない。はしゃぐな」小笠原、永木コンビこそ鹿島の魂。

話が終わったらボールを蹴ろう

「何も手にしていない。はしゃぐな」
小笠原、永木コンビこそ鹿島の魂。

チャンピオンシップ準決勝は、鹿島アントラーズが1-0で川崎フロンターレに勝った。 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2016/11/28

常勝鹿島を取り戻した強化部長の喝。1stステージ優勝で感じた懐かしさ。

JリーグPRESS

常勝鹿島を取り戻した強化部長の喝。
1stステージ優勝で感じた懐かしさ。

歓喜の瞬間から遡ること、約2カ月半前のお話。4月4日、鹿島アントラーズのクラブハウスで、たまたま鈴木満・常務取締役強化部長… 続きを読む

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

2016/06/27

鹿島の“真髄”を象徴するあるプレー。浦和の流れを覆したFWのプレス。

Jをめぐる冒険

鹿島の“真髄”を象徴するあるプレー。
浦和の流れを覆したFWのプレス。

何でもないプレスのようで、鹿島アントラーズの真髄が見えた気がした。6月11日に埼玉スタジアムで行われたJ1ファーストステージ… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2016/06/14

好調鹿島で「汚れ役」を全て担う男。小笠原満男の背中に若手は続けるか。

JリーグPRESS

好調鹿島で「汚れ役」を全て担う男。
小笠原満男の背中に若手は続けるか。

遡ること1週間前、鹿島アントラーズはいきなり大一番を迎えていた。開幕戦で、ガンバ大阪が相手で、しかも場所は青と黒が取り囲… 続きを読む

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

2016/03/08

ページトップ