ビッグマッチ・インサイドBACK NUMBER

アヤックスは売る側で、勝つ側だ。
そのプライドが新たな逸材を生む。

posted2019/07/28 11:40

 
アヤックスは売る側で、勝つ側だ。そのプライドが新たな逸材を生む。<Number Web> photograph by Getty Images

2018-19シーズンのCLベスト4で鮮烈な印象を残したアヤックス。主力2人が抜けた今季も躍進の予感が漂う。

text by

寺沢薫

寺沢薫Kaoru Terasawa

PROFILE

photograph by

Getty Images

「アヤックスでは本当に楽しく過ごせていたが、今は“大人の世界”に足を踏み入れた気分だよ。そういう挑戦に魅了されたんだ」

 マタイス・デリフトが、アヤックスからユベントスに移籍した。19歳にしてアヤックスのキャプテンを務めあげ、守備を統率し、チームのチャンピオンズリーグ準決勝進出、そして国内リーグとカップ戦の2冠に大きく貢献したデリフトは、様々なクラブからのオファーや残留などの多くの選択肢の中から、セリエA挑戦を選んだ。

「僕は子供の頃からイタリアの守備スタイルに魅了されてきた。お手本としてきた選手の多くはイタリア人。パオロ・マルディーニ、フランコ・バレージ、アレッサンドロ・ネスタ、ファビオ・カンナバーロ……DFについて話すとき、そういう選手たちは常に出てくる名前だった」

「アヤックスが大好きだし、恋しくなることだろう。でも、世界のトップに到達したいのなら、さらに大きな一歩を踏み出して“快適な場所”から抜け出さなきゃいけない。あえて困難に飛び込まなきゃいけないんだ」

 そう言って、デリフトはアヤックスを巣立っていった。その少し前には、同じくチームの大黒柱だったフレンキー・デヨングもバルセロナへと旅立っている。

デヨングがバルサで見せた落ち着き。

 彼もまた、「プレーするのが子供の頃からの夢だった」というバルサからオファーを受け、次の一歩を踏み出す決断をした。「あまりプレッシャーは感じていない」と言うデヨングは、デビューゲームとなった日本でのプレシーズンマッチ、チェルシー戦で早くもらしさを見せた。

 臆することなくボールを受け、うまく相手を食いつかせてからターンやワンツーで相手を剥がし、パスをさばいていく。

 それらを勇敢に、優雅に、そしてリズミカルに続けるプレーはアヤックス時代のそれと変わらず、飄々としているが肝の据わった選手であり、ビッグクラブでより大きくなる男なのだと、改めて感じさせられた。

【次ページ】 「大人の階段」を上るための場。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アヤックス
マタイス・デリフト
フレンキー・デヨング
エドソン・アルバレス

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ