ビッグマッチ・インサイドBACK NUMBER

アヤックスは売る側で、勝つ側だ。
そのプライドが新たな逸材を生む。 

text by

寺沢薫

寺沢薫Kaoru Terasawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/07/28 11:40

アヤックスは売る側で、勝つ側だ。そのプライドが新たな逸材を生む。<Number Web> photograph by Getty Images

2018-19シーズンのCLベスト4で鮮烈な印象を残したアヤックス。主力2人が抜けた今季も躍進の予感が漂う。

ペップ&クライフイズムの指揮官。

 バイエルンのセカンドチームでペップ・グアルディオラの薫陶を受け、ヨハン・クライフのイズムを継承するエリク・テンハーグ監督の下で、アヤックスは古き良き「つなぐ攻撃的サッカー」の側面と、トレンドに沿った「プレッシング&ムーブ」の側面を併せ持った独自のスタイルを定着させつつある。

 突破力に秀でたウインガーや強烈なセンターフォワードの個に頼り、人が変わればチーム力も変わる従来のオランダ型のチームではなく、現代のフットボール観に合った“型”を身につけ、ビッグクラブへ有望株を移籍させながらも常にアヤックス印でCL上位を争えるようなチームへ。

 アドレセンスなチームにだって、矜持がある。1シーズン限りの輝きだったとは言わせない。そんな決意がにじむ新シーズンのチームにも、注目してみたい。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
アヤックス
マタイス・デリフト
フレンキー・デヨング
エドソン・アルバレス

海外サッカーの前後の記事

ページトップ