欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

メッシ、イニエスタ以上の宝石!?
ペップが惚れるマンCフォーデン。

posted2019/07/29 11:30

 
メッシ、イニエスタ以上の宝石!?ペップが惚れるマンCフォーデン。<Number Web> photograph by Getty Images

シティの下部組織出身のフォーデン(右)。グアルディオラが手塩にかけて育てるのだろう。

text by

井川洋一

井川洋一Yoichi Igawa

PROFILE

photograph by

Getty Images

 つまり、その潜在能力はリオネル・メッシやアンドレス・イニエスタよりも上、ということか。

 マンチェスター・シティのペップ・グアルディオラ監督が、フィル・フォーデンを評する際に用いた言葉を額面通りに受け取れば、そうなる。

 横浜F・マリノスとのフレンドリーマッチの前日記者会見で、シティ側からその2人が登壇すると知った時、筆者の質問は決まった。昨年12月、チャンピオンズリーグのホッフェンハイム戦を取材した際に、指揮官が「宝石」と称えていた19歳の生え抜きのMFはその後、いかに磨かれているのか──。会見の最後に機会を得て、世界最高の監督にそう尋ねた。

「たしかに、これまでに何度か会見でそう話してきたけれど、本人の前では言ったことがないね」とグアルディオラ監督は隣のフォーデンに目配せをした。「私が選手と監督のキャリアを通じて見てきたなかで、フィルはまぎれもなく最高の才能を持っている選手だ」

 Phil is the most, most, most talented player. 

「最高」と3回も言った。しかもそのとてつもないキャリアで見てきたうちの、「最高で最高で最高のタレント」というのだ。

ペップが認めるポテンシャル。

 現在48歳の指揮官は現役時代、バルセロナの下部組織からファーストチームに上がり、ヨハン・クライフ監督の指導を受け、“ドリームチーム”と呼ばれた黄金期の中核を担った。

 ラ・リーガを4連覇し、ヨーロピアンカップ(チャンピオンズリーグの前身)も制したそのチームには、フリスト・ストイチコフやロマーリオ(欧州制覇の翌々シーズンから)がおり、少し後にはロナウドとも1シーズンを共にしている。

 指揮官になってからは、バルセロナでメッシやイニエスタ、シャビたちを、バイエルンでアリエン・ロッベンやフィリップ・ラーム、ロベルト・レバンドフスキらを、そしてシティではセルヒオ・アグエロやケビン・デブライネ、ダビド・シルバといった真のトップレベルの選手たちを指導してきた。

 そんなグアルディオラ監督が、3度も念を押すように、フォーデンのポテンシャルが一番と認めているのだ。

【次ページ】 「問題は先発起用できないこと」

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ジョゼップ・グアルディオラ
マンチェスター・シティ
フィル・フォーデン

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ