海外サッカーPRESSBACK NUMBER

エスパニョールを知る日本人に聞く。
中国人ウー・レイ獲得で何が変化? 

text by

谷川良介

谷川良介Ryosuke Tanikawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/06/29 11:30

エスパニョールを知る日本人に聞く。中国人ウー・レイ獲得で何が変化?<Number Web> photograph by Getty Images

2019年1月にリーガの舞台へと渡ったウー・レイ。文字通りエスパニョールの救世主となった。

抜群のスピードがアクセントに。

 ウー・レイはペリコたちの不安を吹き飛ばすように、いきなり爽快なプレーを見せつける。

 デビュー戦の22節ビジャレアル戦では途中出場ながらチームの同点ゴールを呼び込むと、26節バジャドリー戦では移籍後初ゴール。34節セルタ戦では鮮やかなジャンビングボレー弾で目が肥えたペリコたちの度肝を抜いた。

“中国のマラドーナ”という触れ込みとはちょっと違うが、ウー・レイは抜群のスピードで、ボルハに頼りきりだった攻撃陣にアクセントを加えた。加入後のエスパニョールの成績は17戦で7勝2敗8分、敗戦はバルセロナと6位に入ったセビージャ戦のみ。

 自身にとっても初の海外挑戦となった半年間で16試合出場のうち先発12試合に出場、3得点1アシスト。かつて半年間所属した西澤明訓(6試合0得点)、中村俊輔(13試合0得点1アシスト)をしのぐ堂々たる成績だった。
 
 ちなみに日本人2人の名誉のために記すと、西澤も中村も、ペリコから人気を誇った選手であった。中林さんによれば、現地ファンの評価はこんな具合だ。

「アキは国王杯のバルセロナダービーで点を決めているだろ(後にオフサイドで取り消し)。カンプノウで点を取るやつなんか、そうそういないぞ? ナカムラは家族の事情で帰っただけだろ? CLでバリバリやっていたスターがやって来たときは興奮したぜ。直接FKでのゴールが見たかったな」

中国での視聴者数は4000万人!

 話を戻そう。ウー・レイ効果はピッチ内のことだけではない。

   クラブの公式サイトによれば、背番号「24」のユニホームは入団直後の10日間で400枚のクラブレコードの売り上げを記録。中国でのデビュー戦の視聴者数は4000万人という桁違いの数字を叩き出した。

 また、かつての所有スタジアム“サリア”を財政難で手放した過去を持つエスパニョールが「10年前にようやく手に入れた」RCDEスタジアムは、観客数の伸び悩みが問題視されていた。しかしウー・レイ加入以降は多くの中国人サポーターのおかげで活気を取り戻しつつある。スペイン紙「AS」によれば、中国サッカーファンの89%がエスパニョールを支持すると答えたデータもあるようだ。

 つまり、ウー・レイ獲得は中国のビッグマーケットにおいて、エスパニョールだけでなく、リーガ・エスパニョーラ自体の規模拡大に大きく貢献したと言える。 

 事実、リーガのハビエル・テバス会長は中国サッカー協会とのコラボレーションを発表した場や公式ツイッターでもその効果を発言している。

「ウー・レイは素晴らしい選手。中国全土が彼とエスパニョールを応援している」

【次ページ】 EL出場で中国ツアーが中止に。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ウー・レイ
エスパニョール

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ