テニスPRESSBACK NUMBER

錦織圭のツォンガ戦は快勝ではない。
何度かの失態を次にどう生かすか。 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/05/31 11:30

錦織圭のツォンガ戦は快勝ではない。何度かの失態を次にどう生かすか。<Number Web> photograph by Getty Images

2回戦で地元勢でなおかつ実力者のツォンガに勝利した錦織圭。5年連続3回戦進出は安定した力の賜物だ。

第4セットでも“減点”の展開が。

 ツォンガは試合後、「こうしたハイレベルな試合をしばらくやっていなかった」と話した。昨年4月に左ひざを手術、戦線に戻りノバク・ジョコビッチらトッププレーヤーとも対戦したが、その中でも錦織のプレーに脅威を感じていたことが分かる。

 だから、その相手を徹底的にたたき、早々に白旗を掲げさせるような試合にしてほしかった。

 ところが、第1セットは形勢を逆転されて落としてしまう。また、調子を取り戻したはずの第4セットも、立ち上がり、5度のブレークポイントを逃し、次のサービスゲームでブレークを許した。こうした失態が“減点”の理由だ。

 最初のつまずきは第1セット、ブレークで4-3としてからの3つのゲームだった。たたみかけたい場面でサービスゲームを落とし、さらに4-5からのサービスゲームもあっさり落とした。

 錦織はこう振り返る。

「相手のバックハンドにボールを集めすぎたのと、自分のボールに伸びがなくなって、あの(4-3からの)3ゲームは、守ったわけではないが、打ち切れなかった」

精度と威力がなかなか両立せず。

 立ち上がりから、フォアハンドで支配しようという狙いは明確だった。

 このコラムで何度も書いたように、フォアハンドは錦織の生命線だ。ツアー随一のバックハンドの持ち主だが、フォアの破壊力がなければこのレベルでは勝っていけない。

 あるいは、プレーにリズムが生まれてこない。上位との対戦が想定される準々決勝までに、フォアハンドの調子をピークに上げなくてはいけない。武器を鍛えていかなくてはならない。そんな狙いもあったと思われる。

 だが、クロスもダウン・ザ・ラインも逆クロスも、精度と威力がなかなか両立しなかった。崩れてはいなかったが、どちらかと言えばボールを置きにいっていた。その微妙な違和感、自信のなさが、第1セット終盤の形勢逆転につながった。

【次ページ】 フォアを修正したのはポジティブ。

BACK 1 2 3 NEXT
錦織圭

テニスの前後の記事

ページトップ