テニスPRESSBACK NUMBER

錦織圭のツォンガ戦は快勝ではない。
何度かの失態を次にどう生かすか。 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/05/31 11:30

錦織圭のツォンガ戦は快勝ではない。何度かの失態を次にどう生かすか。<Number Web> photograph by Getty Images

2回戦で地元勢でなおかつ実力者のツォンガに勝利した錦織圭。5年連続3回戦進出は安定した力の賜物だ。

フォアを修正したのはポジティブ。

 ただ、そのフォアハンドを4セットの間に修正したのは、この試合のポジティブな面だ。「バックハンドに集めすぎない」「伸びるボールを打つ」この2点を意識して、ショットを立て直した。ショットは尻上がりに勢いを増し、なかでも最終セット、5ゲームを連取した場面は腕が良く振れ、ボールがよく伸びた。本来の錦織の姿だった。

 試合後、錦織は「今の実力、その日の調子で戦わなくてはいけないので、それができたのかなとは思う。大きな反省点や気になるところはない」と肯定的に振り返った。

 その口調はやや重かったが、彼自身、ポジティブな面にこそ目を向けるべきだとよく分かっているのだ。

 評定がつい厳しくなったのは、復調が進み、大会第2週への道がひらけてきたからでもある。

 この2戦の手応えを推進力に換え、反省点を生かし、次戦に臨んでほしい。
 

関連記事

BACK 1 2 3
錦織圭

テニスの前後の記事

ページトップ