Number ExBACK NUMBER

三大自転車レースは“年に1度のお祭り”。
ジロ初参戦の日本人は明暗分かれる。

posted2019/05/16 07:30

 
三大自転車レースは“年に1度のお祭り”。ジロ初参戦の日本人は明暗分かれる。<Number Web> photograph by Sonoko Tanaka

世界三大自転車レースの1つ「ジロ・デ・イタリア」。イタリアの町並みだけでなく、山岳地帯を走り抜ける。

text by

杉園昌之

杉園昌之Masayuki Sugizono

PROFILE

photograph by

Sonoko Tanaka

 イタリアのスポーツといえば、カルチョ。いや、それだけではない。サッカーのセリエAが閉幕する5月は、猫も杓子も“チクリズモ”。ウェブでいま【Ciclismo】と検索してみれば、ホットなニュースが無数に出てくるはずだ。

 初夏のイタリアは、自転車ロードレース熱が最高潮に達する。中世の歴史的建造物に囲まれた市街地、風情ある丘の上、絶景の山岳地帯の沿道まで3重、4重の人垣ができ、老若男女が手をたたき、声を張り上げる。普段はカルチョに夢中なイタリア男も「年に1度のお祭りだ」と熱くなる。

 ヨーロッパだけではなく、南米コロンビアの自転車ファンも母国の旗を振り、我らが英雄の名前を連呼する。自転車競技が文化として深く根付いており、道路がいま以上にでこぼこだった100年以上前から人気を博しているのだ。

グランツールの1つ「ジロ・デ・イタリア」。

 世界三大自転車ロードレースの幕開けとなる「ジロ・デ・イタリア」の第102回大会が5月11日、イタリア北部エミリア・ロマーニャの州都ボローニャで開幕した。

 UCI(国際自転車競技連合)が統括する自転車競技では「ツール・ド・フランス」、「ブエルタ・ア・エスパーニャ」と並んでグランツールと呼ばれ、世界最高峰の選手たちが集結する。6月2日までの約3週間(休息日は2日間)でアルプスの山岳地帯を含めイタリアを周遊し、全21ステージの3578.8kmを走り抜け、個人総合優勝の座を争う。

 グランツールをたとえるならば、サッカーのUEFAチャンピオンズリーグ、テニスのグランドスラム(四大大会)と言ったところか。


 夢の舞台に立てるのは限られた者のみ。1909年に始まった伝統あるジロ・デ・イタリアの出場権が与えられるのは、UCIのチーム格付けが最高位にカテゴライズされるワールドチームの18枠、大会主催者に招待されるプロコンチネンタルチーム(上から2番目のカテゴリー)の4枠。2019年大会は計22チームの176人(各チーム8人)がエントリーした。

【次ページ】 世界最高峰に挑んだ2人の日本人。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

西村大輝
初山翔
NIPPOヴィーニファンティーニ・ファイザネ

他競技の前後のコラム

ページトップ