格闘技PRESSBACK NUMBER

「ポンコツのゴミ捨て場行き」だった男。
ボクサー黒田雅之が世界王者に挑む夜。 

text by

日比野恭三

日比野恭三Kyozo Hibino

PROFILE

photograph byHiroaki Yamaguchi

posted2019/05/10 16:00

「ポンコツのゴミ捨て場行き」だった男。ボクサー黒田雅之が世界王者に挑む夜。<Number Web> photograph by Hiroaki Yamaguchi

川崎のジム所属選手としては初の世界王者誕生がかかる黒田雅之。地域の縁から、Jリーグの川崎フロンターレも黒田の活動を応援する。

最初は順調だった黒田のボクサー人生。

 2005年5月のデビュー戦で1ラウンドKO勝利を収めた黒田は、翌2006年にはライトフライ級の新人王にまで駆け上がる。後楽園ホールのリング上でマイクを向けられ、「最終的な目標は世界チャンピオンです!」と初めて公言した。

 キャリアはおおむね順調だった。2011年5月、8ラウンドTKO勝利で日本ライトフライ級王者となる。プロ22戦目、戦績は19勝3敗だった。

 だが、チャンピオンの称号を得たところから、停滞の日々は始まった。

 黒田は言う。

「底の底、ですよね。キャリアをぐっと上げていかなきゃいけないのに、そこからの4回の防衛は、パッとしない判定が2回(ともに2-1)、ドローが2回。『自分ってこんなもんなのかな』って、自信がなくなってきて」

 伸び悩みのまっただ中にいた2013年、黒田のもとに世界戦の話が舞い込む。1つ上の階級、フライ級のWBA王者だったフアン・カルロス・レベコへの挑戦が決まった。

 オファーを受けたのは、黒田を変えるための荒療治だったのか。問いに、ジム会長の新田渉世はあっさり言う。

「その時期に組んだ狙いは特になくて。挑戦したくてもできない選手がいっぱいいるなかで、挑戦できること自体にすごく価値があるし、できるんだったらやるしかないだろってところです。

 もちろん、もっと“満を持して”というほうがいいには決まってるんですけど。チャンスはその時につかまなかったら、次いつ来るか、わからないですからね」

 善戦はしたが、0-3の判定で負けた。

 ショック療法にもならなかった。

 その後の3年間で6戦をこなしたが、3勝2敗1分と、再上昇のきっかけはつかめなかった。

「もう、ポンコツのゴミ捨て場行きになってしまう」

 転機となるのは、2016年3月、粉川拓也との対戦だ。

 日本フライ級王座を懸けた戦いに、黒田は敗れた。試合を映像で見返し、そこにいる自分に歯がゆさが募った。

「出せば当たる時に手が出てない。『いまここで打っても当たらないだろうな』って、自分で勝手に思ってるんです。あそこで吹っ切れた。試合でやり残しがないようにしようって考えるようになりました」

 同じころ、会長の新田も手を打っていた。それまで黒田を担当していたトレーナーの孫創基(ソン・チャンギ)に代わって、会長自身が務めることにしたのだ。

 新田は言う。

「新人王、日本チャンピオン、そして世界挑戦までこぎ着けたのは孫トレーナーの力だったし、黒田もすごく力をつけてきた。だけど、その力を(試合で)発揮できないという課題がずっと克服できなかった。

 ありとあらゆることをしたけど、年はとる、負けて黒星は増えていく……もう、ポンコツのゴミ捨て場行きになってしまうというところで、これ以上は失うものもないんだから、違うアプローチをやってみよう、と」

【次ページ】 「ゴミ捨て場行き」からの復活。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

黒田雅之
川崎新田ボクシングジム
井上尚弥
徳山昌守
粉川拓也
モルティ・ムザラネ

ボクシングの前後のコラム

ページトップ