ボクシングPRESS 

井上尚弥と同門、大橋会長も太鼓判。“気弱なアンディ”が世界に近づく。

井上尚弥と同門、大橋会長も太鼓判。
“気弱なアンディ”が世界に近づく。

ボクシングPRESS

右フックでダウンを奪った後は、ラッシュによるレフリーストップで2R・TKO勝ち。ロヘリオ・カセレスを圧倒した平岡アンディ(23…続きを読む

栗田シメイShimei Kurita

ボクシング

2020/03/02

田口良一が歩んだボクサー人生と縁。王者への道と井上尚弥、田中恒成。

ボクシングPRESS

田口良一が歩んだボクサー人生と縁。
王者への道と井上尚弥、田中恒成。

2019年11月に引退を表明した、元WBA・IBF統一世界ライトフライ級チャンピオン田口良一。3年半にもわたってチャンピオンベルトを… 続きを読む

谷川良介Ryosuke Tanikawa

ボクシング

2020/03/01

ワイルダー撃破の“踊れる”英国人。ヘビー級頂上決戦、完璧な勝ちっぷり。

ボクシングPRESS

ワイルダー撃破の“踊れる”英国人。
ヘビー級頂上決戦、完璧な勝ちっぷり。

2月22日、ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナで行なわれたWBC世界ヘビー級タイトルマッチで、元統一王者のタイソン・フ… 続きを読む

杉浦大介Daisuke Sugiura

ボクシング

2020/02/25

田中恒成、キャリア最高のKO勝利。「俺だって現役、尚弥さんを超えたい」

ボクシングPRESS

田中恒成、キャリア最高のKO勝利。
「俺だって現役、尚弥さんを超えたい」

そう言うと、一息ついて、言葉に力を込めた。「常に井上家が田中家の一歩先を行っている。だけど、俺だって現役でやっている以上… 続きを読む

森合正範Masanori Moriai

ボクシング

2020/01/07

カッコいい引退はできないので……。世界戦TKO負け、八重樫東の不屈。

ボクシングPRESS

カッコいい引退はできないので……。
世界戦TKO負け、八重樫東の不屈。

「『あいつはもうダメだ』って言われたら『うるせえよ』ってなるんです。逆に『次は八重樫が絶対に勝つよ』と言われる試合ほど不… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

ボクシング

2019/12/26

井上尚弥、村田諒太の2020年は?世界最高のプロモーターが語る野望。

ボクシングPRESS

井上尚弥、村田諒太の2020年は?
世界最高のプロモーターが語る野望。

井上のアメリカ本格進出は、アラムにとっても新たなチャレンジのスタートである。アメリカでは馴染みの薄い軽量級で、日本のモン… 続きを読む

杉浦大介Daisuke Sugiura

ボクシング

2019/12/18

岩佐亮佑に迫るアメリカンドリーム。背水の陣で見せた緻密さと左パンチ。

ボクシングPRESS

岩佐亮佑に迫るアメリカンドリーム。
背水の陣で見せた緻密さと左パンチ。

会心の戴冠劇のあと、リングを降りた29歳の岩佐は笑みが抑えきれない様子だった。実際に暫定ながら王座に返り咲いたというだけで… 続きを読む

杉浦大介Daisuke Sugiura

ボクシング

2019/12/12

「戦闘マシーン」と「良き父親」。井上尚弥が持つ正反対の2つの顔。

ボクシングPRESS

「戦闘マシーン」と「良き父親」。
井上尚弥が持つ正反対の2つの顔。

井上のスパーリングの強さはすでに伝説的である。試合が決まればフィリピンや米国から強く頑丈なスパーリング・パートナーを呼ぶ… 続きを読む

前田衷Makoto Maeda

ボクシング

2019/12/01

フォロワー4000万超のビッグマッチ?ボクシングYouTuber興行に賛否両論。

ボクシングPRESS

フォロワー4000万超のビッグマッチ?
ボクシングYouTuber興行に賛否両論。

「この世界では数字が大事。スポーツとエンターテイメントの業界は数字に左右されるんだ。これまでボクシングを見たことがない世… 続きを読む

杉浦大介Daisuke Sugiura

ボクシング

2019/11/27

井上尚弥の怪物性は薄れたのか?“Drama in Saitama”の海外評。

ボクシングPRESS

井上尚弥の怪物性は薄れたのか?
“Drama in Saitama”の海外評。

「下の階級から上げてきた井上はドネアよりも明らかに小柄だった。それにもかかわらず、終盤は明らかに上回ったんだ。バンタム級… 続きを読む

杉浦大介Daisuke Sugiura

ボクシング

2019/11/20

井上尚弥がモンスターを超えた12R。危機が呼び起こした新たな異能。

ボクシングPRESS

井上尚弥がモンスターを超えた12R。
危機が呼び起こした新たな異能。

人間を超えるような能力を比喩的に「モンスター」と呼ぶ。もはや、井上尚弥はそうではなかった。それを遙かに超えていた。 続きを読む

森合正範Masanori Moriai

ボクシング

2019/11/11

井上尚弥とドネアの12ラウンド。裏切られた期待の先にあった奥深さ。

ボクシングPRESS

井上尚弥とドネアの12ラウンド。
裏切られた期待の先にあった奥深さ。

「11回のダウンは10カウントだったんじゃないかな。20秒ぐらいは経っていたと思うんですけど(笑)。まあ、それはよかったってい… 続きを読む

雨宮圭吾Keigo Amemiya

ボクシング

2019/11/08

WBA世界王者に挑む34歳の久田哲也。「一本歯下駄」特訓と娘への思い。

ボクシングPRESS

WBA世界王者に挑む34歳の久田哲也。
「一本歯下駄」特訓と娘への思い。

10月1日に行われる「WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ」には要注目だ。理由は、日本人同士の世界タイトル戦、というだけでは… 続きを読む

芹澤健介Kensuke Serizawa

ボクシング

2019/09/29

村田諒太を支える「親父と息子」。居場所はボクシング、逃げ場は……。

ボクシングPRESS

村田諒太を支える「親父と息子」。
居場所はボクシング、逃げ場は……。

インタビュー後記として読んでいただきたい。 心に引っ掛かっていた。 ロブ・ブラントにリベンジを果たした衝撃の夜から数日後、… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

ボクシング

2019/07/31

村田諒太は自分も思考も変えられる。「苛立ちはない、虚勢も張らない」

ボクシングPRESS

村田諒太は自分も思考も変えられる。
「苛立ちはない、虚勢も張らない」

染みついた習慣を変えたいと思っても、簡単に変えられるものではない。だが村田諒太は、変えられる人だ。 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

ボクシング

2019/07/12

世界戦に敗れ去ったボクサーの人生。黒田雅之の前に広がる、真っ白な世界。

ボクシングPRESS

世界戦に敗れ去ったボクサーの人生。
黒田雅之の前に広がる、真っ白な世界。

5月に日本人ボクサーが登場した世界タイトルマッチ7戦の結果は、1勝6敗だったという。勝ったのは井上尚弥だけだった。負けた6人… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

ボクシング

2019/06/04

「ポンコツのゴミ捨て場行き」だった男。ボクサー黒田雅之が世界王者に挑む夜。

ボクシングPRESS

「ポンコツのゴミ捨て場行き」だった男。
ボクサー黒田雅之が世界王者に挑む夜。

男は、いまから7年前、井上尚弥の公開プロテストでスパーリングの相手を務めた。日本ライトフライ級王者だった当時25歳は、のち… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

ボクシング

2019/05/10

ボクシングを、やり切りましたか?村田諒太に聞きたいたった1つの事。

ボクシングPRESS

ボクシングを、やり切りましたか?
村田諒太に聞きたいたった1つの事。

世界タイトルマッチ取材の恒例行事に、「一夜明け会見」がある。試合翌日、ボクサーにあらためて試合を振り返ってもらったり、今… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

ボクシング

2018/10/30

村田諒太、防衛戦へ「ナチュラル」。ラスベガスの喧騒と本人の静謐さ。

ボクシングPRESS

村田諒太、防衛戦へ「ナチュラル」。
ラスベガスの喧騒と本人の静謐さ。

ラスベガスのネオンサインが村田諒太をまばゆく映し出している。ストリップ通りの中心部には「MURATA×BRANT」の開催を告知する… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

ボクシング

2018/10/19

村田諒太は王者から“最強”へ。WBA2位を「ノックアウトできる」。

ボクシングPRESS

村田諒太は王者から“最強”へ。
WBA2位を「ノックアウトできる」。

強い者に勝った者が強い。ボクシングの真理は、極めてシンプルだ。WBA世界ミドル級王座を保持する村田諒太は今、ミドル級におい… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

ボクシング

2018/08/31

ページトップ