Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<日本人ストライカーの視点>
岡崎慎司が徹底解説。
「アグエロは“必殺仕事人”」

posted2019/05/06 15:00

 
<日本人ストライカーの視点>岡崎慎司が徹底解説。「アグエロは“必殺仕事人”」<Number Web> photograph by AFLO

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph by

AFLO

リーグ得点王争いを演じる、シティのエースストライカー。連覇を狙うチームを支える彼の決定力の秘密を、同じリーグで戦う日本人ストライカーが詳らかにする。

 プレミアリーグは僕がいつかプレーしてみたいと思い描いていたリーグだった。身体能力で劣る僕が、もっともプレーしづらいリーグだと思ったからだ。

 夢が叶ってレスターへ移籍し、4シーズンが経った。映像でプレミアの試合を見るときも、「憧れ」というよりは、「対戦相手」という意識が強く、相手のFWよりもまずはDFから見る。プレミアのほとんどのチームは、強固で整理された戦術がなく、個対個の局面が多いが、それでも攻略するためのポイントはあると感じている。

 そんな僕の立場から、マンチェスター・シティとリバプールについて話したい。

 ユルゲン・クロップが監督に就任し、戦術的に安定感が生まれたリバプールは、CBのファンダイクの加入により、さらにそれが増した。ファンダイク、ヘンダーソン、フィルミーノの縦のラインがカギとなっている。ただし、中盤に安定感を欠くことがあるので、ここに守備的に優れた選手が加われば、もっと面白くなるだろう。

 リバプールには「ムラ」がある。勢いに乗れば手におえない破壊力を持つけれど、すべての試合でそれを発揮できるとは限らない。だから、クロップのように選手の気持ちを高められる指揮官の存在は大きい。

 そんなリバプールと比べて、シティは全くタイプの異なるチームだ。戦術が整備され、安定感を持つシティは攻撃の形も明確なので、それを抑えれば、ある程度止めることもできる。リバプールのような突然の爆発力もないが、パスの供給源やゴールゲッターが多く、とりわけエースストライカー、セルヒオ・アグエロの存在は大きい。

 アグエロは、以前在籍していたA・マドリーでは、野性的なストライカーだった。アグレッシブさが漲る「動」というイメージだ。僕とアグエロは、北京五輪世代という見方をすれば同世代の選手。北京五輪前に行われた日本代表との壮行試合で対戦したが、その時はそれほど強い印象を抱かなかった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

岡崎慎司
セルヒオ・アグエロ
レスター
マンチェスター・シティ
リバプール

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ