フランス・フットボール通信BACK NUMBER

北アイルランドの古豪に世界が注目。
英国で唯一のEU加盟のクラブに!?

posted2019/05/07 10:30

 
北アイルランドの古豪に世界が注目。英国で唯一のEU加盟のクラブに!?<Number Web> photograph by Kevin Morrison

縦縞のユニホームを纏うデリー・シティFC。12試合を終えた時点(4月26日現在)で、アイルランドリーグ4位と好調をキープしている。

text by

アーメド・アルサラフ

アーメド・アルサラフAhmed al-Sarraf

PROFILE

photograph by

Kevin Morrison

 デリー・シティFCをご存じだろうか。

 北アイルランドのデリーに本拠を置きながら1985年にアイルランドリーグに加盟し、2度の優勝('88~'89、'96~'97シーズン)を果たした名門クラブである。FAIカップも5度制覇している。

 ふたつのアイルランドの国境に位置するデリーには、英国のEU離脱問題が集約されている。とはいえそれは街の人々を不安に陥れてはいない。彼らはこの危機的状況を、別の観点から眺めているからである。

『フランス・フットボール』誌4月2日発売号では、アーメド・アルサラフ記者がEU離脱に揺れるデリー・シティFCの様子をレポートしている。

監修:田村修一

危険に満ちた街だったデリー。

 6世紀に成立し、イングランドとスコットランドの征服から守るため1613~19年に街を城壁で囲んだデリーは、《城壁の街》として知られている。しかし北アイルランド紛争が華やかなりしころ――1968年から1998年までの30年間のデリーは、危険に満ちた街だった。銃声や爆弾の破裂音、閃光などが街のあちこちで炸裂し、ちょっとした日用品の買い物に出た隣人が、そのまま帰らぬ人となってしまう。そんな悲劇が街のあちこちで繰り返されていた。

 北アイルランドの北西部に位置し、アイルランドとの国境にほど近いこの街は、イギリスのEU離脱が国民投票によって決まった2016年6月23日以来、話題の中心であり続けている。

 というのもその決定は、北アイルランドに本拠を置きながらも30年以上にわたりアイルランドリーグに参加しているデリー・シティFCに深刻な影響をもたらすであろうからだ。ひとつのクラブが国境をまたいで異なる国のリーグに所属するのは、世界でも極めて稀なことであった。

【次ページ】 フリーパスだった移動も、選手の移籍も……。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

デリー・シティFC

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ