オリンピックPRESSBACK NUMBER

公務員からプロ転向の川内優輝が、
東京五輪よりも重視するものとは。

posted2019/04/06 11:00

 
公務員からプロ転向の川内優輝が、東京五輪よりも重視するものとは。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

座右の銘である「現状打破」。4月3日の所属契約会見ではプロとして新しい一歩を踏み出す決意を示した。

text by

杉本亮輔

杉本亮輔Ryosuke Sugimoto

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

 列島が注視した新元号発表の約3時間後、男子マラソンの川内優輝は興奮気味に新たな一歩を刻んでいた。4月1日、プロランナーとしての初日。午後3時すぎ、シューズのひもを結び、軽快に大地を蹴った。

 3月31日で埼玉県庁を退職して“公務員ランナー”という愛称に別れを告げた。プロ初練習には埼玉・久喜市の自宅から行田市方面を回るコースを選んだ。50km走の予定だったが、途中で道に迷ったために走行距離は60kmに。これまでは勤務があったため平日は2時間程度のトレーニングしかできなかったが、月曜日に5時間弱、汗を流した。

「やりたいようにできる。すごく恵まれているな」

 心地良い疲労の中に、確かな実感があった。

公務員ランナーの名声と葛藤。

 2011年の東京マラソンで2時間8分37秒をマークし、日本人トップの3位に入った。公務員という肩書き、実業団への対抗心をむき出しにするユニークなキャラクターで、一気にマラソン界の話題の中心に。世界選手権にも3度出場し、'14年アジア大会では銅メダルを獲得した。

 定時制高校の事務として、平日は12時45分~21時15分まで勤務し、時に残業もある。少ない練習量を補うために毎週のようにレースに出場し、有給休暇を消化しながら海外にも積極的に遠征した。仕事との折り合いをつけ、限られた時間の中で競技力の向上を目指す一方で、限界を感じることもあったという。

「練習の日は治療ができないし、治療の日は練習ができない。月間1000km走ったこともないし、夏に涼しいところで長期の合宿もできない」

 '13年のソウル国際でマークした2時間8分14秒を最後に自己ベスト更新は止まり、'17年の世界選手権では8位入賞に3秒届かない9位。より強くなるためにプロ転向を考えるようになった。「この時はまだフィフティ、フィフティ。プロになるのか、公務員を続けるのか毎日迷っていた」と振り返る。

【次ページ】 プロ転向決断を後押ししたレース。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

川内優輝
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ