“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

学生服姿の少年が見せた悔しい顔。
9年後の昌子源は「物凄く、成長した」。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2019/03/31 10:30

学生服姿の少年が見せた悔しい顔。9年後の昌子源は「物凄く、成長した」。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

ロシアW杯以来となる代表のピッチに戻ってきた昌子。守備陣を統率する存在として期待したい。

自身も驚きのU-19代表選出。

 彼のキャリアにとって初の日本代表選出。

「最初、監督からU-19日本代表に選ばれたという話を聞いた時は、『嘘でしょ!?』と思いました。正直、場違いなんじゃないかなと……」

 インターハイでの活躍により、知る人ぞ知る存在になっていたが、宇佐美貴史や杉本健勇、柴崎岳などのプラチナ世代と呼ばれる豪華なメンバーの中において、代表歴が皆無の昌子は無名の存在だった。そんな彼が抜擢されたことで、周りはおろか、本人自身が1番驚いていたのだった。

 そして、いざ合宿が近づくと、筆者の電話が鳴った。昌子からだった。

「やっぱり俺なんかが合宿に行って大丈夫なんでしょうか? みんな絶対に自分より上手いと思うし、間違いなく俺が1番下手くそだと思う。本当に対等に出来るのでしょうか……」

昌子が持っていなかったもの。

 心配そうな声で語る昌子に「絶対にやれる。実力で選ばれたのだから自信を持った方がいい」と励ましの言葉をかけた。

 これは決して慰めではなく、昌子のCBとしてのポテンシャルは非常に高かった。対人の強さ、空中戦の強さ、強烈かつ正確なロングフィード。さらに彼が今後「絶対に伸びる」と確信できた理由は、パーソナリティーにあった。

「俺は一生懸命やるしかないんです。周りから見たら落ちこぼれの部類に入っているかもしれない。だからこそ、人と同じことをやっていてはダメなんです」

 無名なら徹底して自分を磨くしかない。自分の現在地をはっきりと認識し、常に自分に厳しくサッカーに打ち込める。成長するためのメンタリティを持っていた。だが、如何せんそのベースとなる“自信”が足りていなかった。

【次ページ】 今も忘れない苦い思い出。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
昌子源

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ