“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

学生服姿の少年が見せた悔しい顔。
9年後の昌子源は「物凄く、成長した」。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2019/03/31 10:30

学生服姿の少年が見せた悔しい顔。9年後の昌子源は「物凄く、成長した」。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

ロシアW杯以来となる代表のピッチに戻ってきた昌子。守備陣を統率する存在として期待したい。

反骨心があったからこそ。

 ノエビアスタジアム神戸でのプレーは見ることはできなかったが、9年前と同じ場所での言動、立ち振る舞いだけで、彼の過ごしてきた時間と、あのときの経験の価値は十分に分かった。

 正直、筆者が予想していた姿より、人間的にも、プロサッカー選手としても遥かに上を進んでいる。苦い経験が人を変化させ、逞しく成長させる。その確信を得た瞬間でもあった。

 最後に昌子はこんな言葉を残して、ミックスゾーンを後にした。

「俺のサッカー人生を振り返ると、そんなことばっかなんだよね。U-19もそうだし、オリンピック代表だって1回呼ばれただけ。A代表でもアギーレさんの時はずっと呼ばれていたけど、ハリルさんに呼ばれるまでに間が空いた。“キャップ1”まで3年くらい掛かった……。すべて反骨心でやってきた。だからこそ、それはこれからも変わらないと思う」

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
昌子源

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ