JリーグPRESSBACK NUMBER

コンサドーレは「マンCに近い」。
饒舌なミシャ、61歳にしての変化。 

text by

塚越始

塚越始Hajime Tsukakoshi

PROFILE

photograph byTakashi UEGISHI

posted2019/03/04 17:30

コンサドーレは「マンCに近い」。饒舌なミシャ、61歳にしての変化。<Number Web> photograph by Takashi UEGISHI

浦和の主将で愛弟子でもある柏木陽介と笑顔で再会。ミシャはとにかく愛される監督だ。

理想と現実の両取りは矛盾か?

 指揮官の回答は明快だった。あくまでも「理想」を追求する、と。

 とはいえペトロヴィッチ監督もただの夢想家ではない。あくまでも勝つための戦術。理想は追求するが、ロングボールは否定しないというスタンスを示した。

「昨シーズンはポゼッションが上手くいかない時期もあった。だから、そういった時は現実的に蹴るしかなかった。ただシーズンが進むごとに、ポゼッションのクオリティも高まり、長いボールを蹴る場面は少なくなっていった。そういう意味では、つなぐことができなければ蹴るしかない。しかし、つなげるならばつないでいく。そういうスタンスだ」

 軸足は「理想」に置くが「現実路線」も選択肢に入れておく。これは手強そうだ。

 ただ、その発想は矛盾もはらむ。結局、いいところ取りの「現実路線」。言い方を変えているだけで、ロングボール優先になるのでは?

 そんな矛盾が少し見られたのが、開幕の湘南ベルマーレ戦だった。

 前半は試合を支配した札幌だが、後半に入ると、逆に湘南のプレッシャーを真っ向から受けて、さらに運動量も落ちて押される。体力面の急激なダウンは見るからに明らかだった。

 すると札幌の選手たちは、最前線のジェイにロングボールを集め出す。前半から兆候はあったが、ジェイならば何とかしてくれるだろう、と、ハイボールやロブパスを放っていった。しかし、全体的にプレーが雑になり、崩し切れなかった。

勇気をもってチャレンジしないと。

 湘南戦後の記者会見で、ペトロヴィッチ監督は言った。

「最後の局面で、勇気を持ってチャレンジして、つないでほしかった。ミスは仕方ない。しかし怖がってロングボールを蹴って、相手にボールを奪われてしまうのは本望ではない」

 ミシャの哲学はやはり不変だった。「理想」を第一に優先していた。その軸足の置き方を改めて見つめ直す1週間になったのだろう。

 浦和戦、その「基本は徹底したパスサッカー+選択肢としてロングボール」をピッチで表現するため、いくつか修正も施された。

 ジェイがスタメンを外れ、湘南戦ではシャドーで途中出場だった鈴木がCFで先発。同じく途中出場から何本かダイナミックな突破を見せたものの、失点にも絡んだルーカス・フェルナンデスが右ウイングバックの先発に抜擢された。

【次ページ】 浦和対策で2トップにした意図。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
ミハイロ・ペトロヴィッチ
北海道コンサドーレ札幌
福森晃斗
槙野智章
浦和レッズ

Jリーグの前後の記事

ページトップ