“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

鹿島の遺伝子が染み付いた21歳。
町田浩樹が追う昌子・植田の背中。

posted2019/03/05 08:00

 
鹿島の遺伝子が染み付いた21歳。町田浩樹が追う昌子・植田の背中。<Number Web> photograph by Takahito Ando

昌子源、植田直通が海外へと旅立った鹿島。その中で町田浩樹はどのような成長曲線を描けるか。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

「責任感」と「使命感」。

 鹿島アントラーズの21歳、CB町田浩樹の口からは、このフレーズが何度も何度も出てきた。

 J1リーグ第2節・川崎フロンターレ戦。町田は4バックの左CBとしてフル出場した。

 覇権奪還を狙う鹿島にとって、2連覇中の川崎は意識する相手であり、なおかつ開幕戦で昇格した大分トリニータ相手に1-2という敗戦を喫しただけに、今後を占う意味でも非常に重要な一戦だった。

「CBの2枚が真ん中でどっしり構えようというのは犬飼(智也)さんとも話していた。ボールに早く食いつき過ぎてしまうと、フロンターレはパスと飛び出しが上手い選手が揃っている分、持ち味を出してしまう。だから真ん中から外に外に追いやることを考えていました」

 強烈なアタッカー陣を抱える川崎に対し、町田と犬飼はサイドに引っ張られることを警戒し、サイドバックやボランチとマークを受け渡ししながら、中央でブロックを形成した。

 それでも中央に潜り込んできた川崎に対して開始早々の9分に絶好の位置でFKを与えてしまい、MF中村憲剛に直接叩き込まれ、先制を許した。

「FKを与えてしまったことは痛かった。でも、流れからの失点ではないことをポジティブに考えて、もうこれ以上失点をしないようにと意識を切り替えられた」

内田の支えを受けて川崎封じ。

 前節の流れもあって浮き足立ってしまう危険性もあったが、町田は自分自身を見失わなかった。焦って食いつくのではなく、コーチングで周りを動かしながら強固なブロックを作り出す。すると鹿島は21分に右サイドバックの内田篤人のロングフィードからFW伊藤翔が鮮やかなトラップで抜け出し、同点ゴールを流し込んだ。

「前節は追いついた後に前がかりになって後ろが空いてしまったので、その反省を生かそうと思っていました。篤人さんが要所で試合の運び方で声をかけてくれて、心強かったです。篤人さんがバランスを意識して守備をしてくれたので、すごく助かりました。1-1になったからこそ、ここからしっかり締めようという話をしました」

 キャプテンで精神的支柱になっている内田の支えを受けながら、町田は川崎の攻撃を封じ込んだのだ。

【次ページ】 セットプレーでも惜しいシーン。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

町田浩樹
鹿島アントラーズ
昌子源
植田直通
大岩剛
秋田豊

Jリーグの前後のコラム

ページトップ