Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<新コーチ・モヤが明かす>
ラファエル・ナダル「史上最強のラファに」 

text by

内田暁

内田暁Akatsuki Uchida

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2017/07/03 06:00

<新コーチ・モヤが明かす>ラファエル・ナダル「史上最強のラファに」<Number Web> photograph by Hiromasa Mano
登場以来66勝1敗と無敵を誇ってきた全仏で、ナダルは'15年、'16年と優勝から遠ざかった。ファンの多くが時代の終焉を確信するなか、赤土の王は帰還した。郷里の英雄、モヤとともに。

 始まりは、1本の電話だった――。

 2016年12月。IPTL(新興の国際大会)に“レジェンドプレーヤー”として参戦すべく東京を訪れていたカルロス・モヤは、携帯から聞こえてきたよく知る声の提案に、驚きを隠せなかったという。

 声の主は、トニー・ナダル。ラファエル・ナダルの叔父にして、彼の長年のコーチである。

「ラファエルのチームに、コーチとして加わってほしい」

 トニーはモヤに、そう伝えた。

 ナダルより10歳年長のモヤは、元世界1位で1998年全仏オープンの優勝者。ナダルと同じマヨルカ島の出身であり、ナダルにとっては、郷里の英雄的存在だ。


 ナダルと初めてボールを打った日のことを、モヤは今もよく覚えている。

「彼が12歳、僕は22歳だった。僕が参戦していたドイツの大会の会場で会い、15分か20分ほど打ち合ったんだ。当時の彼はあの年代のベストの選手だったが、それでもまだ、自分が何者か知らない少年だった。

 オフコートでは、とてもシャイだったよ。ところが一度コートに立ったら、まるで野獣みたいにボールを打つんだ」

 優しい笑みを浮かべて振り返るその日以来、モヤはナダルの良き兄貴分となる。ふたりはマヨルカ島で共に練習し、やがてモヤが引退した後も、ナダルは時折アドバイスを求めていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3472文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

清原和博「告白」

Sports Graphic Number 930

清原和博「告白」

 

ラファエル・ナダル
カルロス・モヤ

テニスの前後の記事

ページトップ