SCORE CARDBACK NUMBER

3カ国語を操るダニエル太郎。追求するのはランクより魅力。~会見での人気は錦織圭をしのぐ?~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2017/06/21 07:00

3カ国語を操るダニエル太郎。追求するのはランクより魅力。~会見での人気は錦織圭をしのぐ?~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

全仏では予選を突破し本戦で勝利。初の3回戦進出は逃したが攻撃的な戦いぶりでオンコートでの魅力もアップ。

 外国記者の間では錦織圭の会見は面白くないという評判だ。英語力はあるし、日本語の会見では独特のとぼけた味で笑いを誘うが、そもそも会見でいい話をしたいというモチベーションが低いのだ。言いたいことは全部テニスで表現している、サービス精神旺盛に振る舞うエネルギーがあるなら試合にとっておく、といったところだろう。

 一方、ダニエル太郎は「テニス以外でもいいところを見られたい」と話す。例に挙げるのがロジャー・フェデラーだ。圧倒的なオーラで「スイス人というより世界のフェデラーという感じがする」。尊敬する王者のように、各国のファンに応援される「インターナショナルなイメージを作りたい」という。その「イメージ」を彼はこう説明する。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 585文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

桜の挑戦。~日本ラグビー W杯8強への道~
ダニエル太郎

テニスの前後の記事

ページトップ