Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<日本ラグビーの遥かな旅路>
サンウルブズ「1年目の確かなステップ」 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byAki Nagao

posted2016/06/10 09:00

<日本ラグビーの遥かな旅路>サンウルブズ「1年目の確かなステップ」<Number Web> photograph by Aki Nagao
ジャパン強化のために挑んだ世界最高峰の戦いは地球半周ほどの距離を移動し、不慣れな土地で未知なる敵に体をぶつけることの繰り返しだった。いまだ勝ち星はひとつだが、過酷な状況に耐え、日出ずる処の狼たちは狩猟集団になりつつある。

 5月20日、サンウルブズは、リゾート地・ゴールドコーストに近い宿舎付近で練習を終えてから、翌日の試合に備え、ブリスベン市内に移動した。ホテルに入った後、大野均はブリスベンの町中を歩いた。

 良い町だな、と大野は思った。

 町全体が、新しすぎず、古すぎない。道行く人たちの表情は柔らかく、明るい。クルマの運転マナーも良い。町全体に、リラックスした時間が流れている。

 ゴローはこんな町に住んでるんだな、と大野は思った。

 ゴロー、つまり日本代表のチームメイトだった五郎丸歩は、この町に本拠を置くレッズに、今年の2月から加わっている。

 こんな町でラグビーしてるのか。いいな、いい経験しているな、と大野は思った。


 初めて日本代表入りしてからまる12年。昨秋のワールドカップ(W杯)まで日本代表歴代最多、96のテストマッチを戦ってきた生けるレジェンドはデビュー以来、欧州、アジア、北南米から太平洋に浮かぶ島々まで、世界中のさまざまな土地を訪れてきた。

 今年で38歳。多くの選手にとっては、すでに現役生活を終えている年齢になって、大野の訪問地リストには、今年、新たな都市が次々に書き込まれている。赤道直下、炎暑のシンガポールでボールを追い、アフリカ大陸南端の港町ポートエリザベスで身長2m超の大男たちと体をぶつけあった。標高1400mの高地ブルームフォンティンで薄い空気に耐えながら、倒れて起きての肉弾戦に体を張った。遠距離のフライトを繰り返しながら、ほぼ毎週、まったく初めて対戦する相手と、ほとんどは初めて訪れる土地で戦う。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2129文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

MLB2016イチロー未踏の地へ。

Sports Graphic Number 903

MLB2016
イチロー未踏の地へ。

 

サンウルブズ
大野均
五郎丸歩
山田章仁
堀江翔太

ラグビーの前後の記事

ページトップ