Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<データで見る>
巨人対阪神はなぜ“伝統の一戦”と呼ばれるのか。 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byMakoto Kemmisaki

posted2016/05/10 06:00

<データで見る>巨人対阪神はなぜ“伝統の一戦”と呼ばれるのか。<Number Web> photograph by Makoto Kemmisaki

写真は1985年の巨人・王貞治監督(左)と阪神・吉田義男監督。この年、阪神は2位広島に7ゲーム差、3位巨人に12ゲーム差をつけ、リーグ優勝。そして日本一に輝いた。

そもそもこの両チームの対戦がなぜ、「伝統の一戦」と呼ばれるようになったのか――。そこには歴史の長さだけではない、激戦の記憶がある。今季も混戦模様のセ・リーグ。10日、11日と甲子園球場で行われる阪神vs.巨人の2連戦を前に、Number899号「巨人×阪神 セ界を変えろ!」掲載の記事を特別に公開します。

 巨人─阪神戦は「伝統の一戦」と呼ばれているが、これには二つの意味合いがある。一つは、この2球団の歴史が古いこと。そしてもう一つは、現在のプロ野球が創設された1936年以来、この2球団はたびたび、歴史に残るペナント争いを展開してきたこと。この二つが、「伝統の一戦」と呼ばれる、その裏づけとなっている。


 現在のプロ野球は、創設から最初の3年間、春と秋などに分けて開催され、年間を通して1シーズンになったのは1939年からだった。この年から、2015年までに行われた76シーズンの中で、巨人と阪神が1、2位を占めたシーズンは、18回あった。そのうち17回は巨人が1位で阪神は2位。第2次世界大戦の最中、年間35試合制という、少ない試合数で行われた1944年だけ、阪神1位、巨人2位となっている。

 中でもセ、パの2リーグになった1950年以降、'50年代、'60年代、'70年代の30年間で、この2チームは12回、1位と2位になっている。その中には、最終的なゲーム差が5ゲーム以内という接戦のシーズンが8回もあった。巨人と阪神は、文字通りセ・リーグの2強を形成していたのである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1541文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

巨人×阪神 セ界を変えろ!

Sports Graphic Number 899

巨人×阪神 セ界を変えろ!

 

読売ジャイアンツ
阪神タイガース

プロ野球の前後の記事

ページトップ