Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<レジェンドが語る衝撃>
ガリー・リネカー「シンジは日本の進化を象徴している」 

text by

サイモン・マロック

サイモン・マロックSimon Mullock

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2016/05/01 06:00

<レジェンドが語る衝撃>ガリー・リネカー「シンジは日本の進化を象徴している」<Number Web> photograph by Getty Images

 僕はレスターで生まれ育ったし、フォクシーズ(レスターの愛称)をずっと応援し続けてきた。

 たしかに僕は、サッカー選手として大きな夢をいくつも叶えている。子供の頃から応援していたクラブでデビューしたし、そこからエバートン、バルセロナ、トッテナム、最後はグランパスエイトでもプレーすることができた。それでも自分にとってのクラブは、常にレスター・シティであり続けた。一旦、ハートがブルーに染まれば、一生、その色は変わらないんだよ。


 では、レスターの特徴とは何か。どのクラブにも伝統があるけれど、小さな街の小さなクラブであるが故に、サポーターとの結びつきが強いのは事実だと思う。

 2002年に財政が厳しくなった時、友人や知り合いと設立した基金に多くの人が賛同してくれたのも、絆の強さの現れだろうね。そのお陰で、レスターは破産を免れることができた。危機を乗り越えた後、クラブから名誉副会長になって欲しいと打診された時は、単純に嬉しかった。

 僕たちサポーターの思いは、今、ついに報われようとしている。ただしシーズンが開幕した時、優勝争いを演じるなどと予想した人は誰もいなかった。ブックメーカーのオッズは5000倍だったし、去年の夏には監督の交代劇も起きている。ピアソンはチームを残留させる上で、素晴らしい仕事をした人間だ。そういう監督を更迭するのはフェアじゃないし、チームの士気にも影響する。ましてやラニエリはギリシャ代表でも結果を出しておらず、監督として「旬」を過ぎたという見方が強かった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1054文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

岡崎慎司とレスターの衝撃。

Sports Graphic Number 901

岡崎慎司とレスターの衝撃。

 

ガリー・リネカー
岡崎慎司
レスター

海外サッカーの前後の記事

ページトップ