Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<赤ヘル前史>
元祖カープ女子 佐々木久子の生涯。 

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph byKYODO

posted2015/06/01 06:00

<赤ヘル前史>元祖カープ女子 佐々木久子の生涯。<Number Web> photograph by KYODO
原子爆弾投下のわずか4年後、広島カープは生まれた。初代監督の石本秀一はチーム作りより金策に奔走した。その貧乏で弱小の「鯉」を愛し続けた女性がいた――。

 赤また赤。マツダスタジアムは革命なき時代の赤の広場だ。空港ロビーにも駅のホームにもレッドの老若男女が群れをなす。

 その昔。広島市民球場の赤とは赤トンボだった。閑散とした外野の席をのんびりと旋回する。その様子が少し離れた場所からもわかった。8月なのに新聞の担当記者はペンを走らせた。「秋風が吹いた」。優勝のスリムな希望はそうして潰えた。


 あのころ、広島カープのヘルメットは青かった。そのつどユニフォームの色やデザインは変わるも基調は紺がかったブルー。1975年、現在につながる「赤」の導入までの歳月を仮に「青の時代」と呼ぼう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3521文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

佐々木久子
広島東洋カープ

プロ野球の前後の記事

ページトップ