マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

母が語る日本ハム・西川遥輝の天才。
「自分のこと一番うまいと思ってる」 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/06/01 10:30

母が語る日本ハム・西川遥輝の天才。「自分のこと一番うまいと思ってる」<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

甲子園の常連であり、春夏ともに3度の優勝を誇る智弁和歌山高校だが、意外にもプロで超一流と言われる成績を残した選手は出ていない。西川遥輝はその不吉なジンクスを破れるか。

 日本ハムのリードオフマン・西川遥輝の仕事ぶりがいよいよ本物になってきた。

 5月22日のソフトバンク戦。

 5-5で迎えた9回裏。1死一塁で5回目の打席がまわってきた。

 マウンドで迎え撃つのは左腕・森福允彦。外寄りのストレートにバットヘッドを存分に走らせて振り抜くと、打球はライナーとなって札幌ドームの高い左翼フェンスを直撃。一塁走者・杉谷拳士が快足を飛ばして、ころげ込むようにサヨナラのホームベースを踏んだ。

 その翌日がさらにすごかった。

 プロ入り5年目、レギュラーになって2年目の若い打者なら、前夜の“勢い”がかえって邪魔になるもの。

 なのに最初の打席が、三塁前に一発できめたセーフティーバントだ。

 さあ、今日はどっちに打ってやろうかい……。

“凡人”ならそんな色気丸出しで外野の遠くを見渡したくなるところを、この若き天才は、ソフトバンクの三塁手・松田宣浩の深めの守備位置を目の中にとらえていた。サヨナラ打など、たいしたことではないのだろう。

「まさか打ってこないだろう」誰もがそう思った。

 さらにさらに、次の打席がもっと驚いた。

 2回だ。先取点を奪った直後の1死満塁、ソフトバンクの先発・スタンリッジは明らかに、この若き天才を嫌っていた。

「できればボール球を打ってもらおう」

 そんな狙いだったのだろう。3つ続いたボールは、いずれもベースぎりぎりに投じた誘い球。どれも、彼が打ちたいボールではなかった。しかし西川は手を出さず、カウントはその通り「ボール3」になっていた。

「まさか打ってこないだろう」

 私もそう考えていたし、向き合っていたスタンリッジはもっとそう確信していただろう。

 このボールだけ、間(ま)が短かった。

 ストレートに見えた。真ん中ちょい低め。

 いちばん力の入るスイング軌道だったはず。インパクトの弾け方が違った。前の大きな華麗なスイング。定規で線をひいたような美しい軌道を描きながら、打球は右中間のスタンドに消えていった。

【次ページ】 甲子園で観るたびに、きれいなスイングに見とれた。

1 2 3 4 NEXT
西川遥輝
北海道日本ハムファイターズ
智弁和歌山高校

プロ野球の前後のコラム

ページトップ