マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

2000円でプロOBに習う最高の講習会。
「昔教わったことは間違いでした」 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2019/02/10 09:00

2000円でプロOBに習う最高の講習会。「昔教わったことは間違いでした」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

野球の“常識”とされていたものも変化していく。現場の指導者にもアップデートの意志は大切なのだ。

バンザイのポーズから始まる投球姿勢。

 ありがたい講習会だった。これだけの講師の方たちが、それぞれ1時間、持ち時間を超過するほどの熱意で、わかるように教えてくださった。それで「授業料」は2000円である。

 私だけが教わってしまうのは、あまりに勿体ない。それぞれのレッスンの中で、講師の先生たちから発せられた「金言」をいくつか記し、私からの「おすそ分け」としたい。

 それほどに、「教えられた講習会」になった。

「バンザイの姿勢からヒジだけポンと下ろす。ただし、下げ過ぎない、ヒジは肩の高さ。その高さがいちばん肩甲骨がよく回る。その姿勢から、グラブサイドの手(右投げなら左手)だけを、90°ぐらい前に倒す。それが投げる時のトップの姿です」

 両足は肩幅ですよー。齊藤明雄講師の説明は、投げる動作をすごく「簡略化」してくれる。

「そのトップの姿勢で、前の腕のヒジと手首の真ん中あたりを、キャッチャーミットに向けるイメージ。それが“照準”になって、その時のグラブの位置に腕を振り下ろすイメージ。動作を形で教えようとすると、そうしなきゃいけないと思って、動きが硬くなる。動作はあくまでもイメージですから」

 狙ったポイントに投げられる確率なんて100分の1ですよ……。

「プロ128勝」の投手からそう言われると、すごく安心する。それもこういう講習会の醍醐味だと思う。

講師みずから実技をしながら。

「言葉のかけ方ひとつで、選手の伸びる伸びないが決まってきます。相手をしっかり向いて、目を見て話す。特に語尾をはっきり。そこから相手の信頼感が得られます」

 講師の先生が、実際にグラブやボール、バットを手にして実技をしながらのレッスンなので、とてもわかりやすい。

「スナップスローはポジションを問わず“必修科目”です。短い距離を素早く投げる場面はすべてのポジションにあります」

【次ページ】 キャッチャーのミットの向きも変わった?

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

齊藤明雄
定詰雅彦
石毛宏典
中根仁

高校野球の前後のコラム

ページトップ