マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

2000円でプロOBに習う最高の講習会。
「昔教わったことは間違いでした」 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2019/02/10 09:00

2000円でプロOBに習う最高の講習会。「昔教わったことは間違いでした」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

野球の“常識”とされていたものも変化していく。現場の指導者にもアップデートの意志は大切なのだ。

基本とオリジナリティは二者択一ではない。

「ゴロに対して、意識して右足を直角に入れる。ここでつま先から入ると、捕球姿勢から送球に移る段階で、右足が伸びて体がこんなふうに流れます」

 生徒全員がその動きをなぞっている。確かに、つま先から入ると右足が伸びきってしまって体勢が崩れるが、右足を直角に入れると、捕球姿勢ですでに右足が送球姿勢になっていて、ヒザに適度な曲がりが残っているので、送球動作のバネになってくれる。

「私の場合は、強烈な打球に対して顔と心臓を向けたくなかったので、インパクトの瞬間、若干右半身を前にして軽くステップして、それからスタートしてました。基本さえ身につけていれば、その前のルーティンにはオリジナリティがあっていいと思いますよ」

中根仁講師のレベルスイング論。

 バッティング担当の中根仁講師は、今日が「講師デビュー」だったそうだ。それでもプロでコーチ経験もある方だから、レッスンにぎこちなさは全く感じなかったし、とても誠実なお話をされる方だった。

「バッティングでいちばん重要なのはタイミングなんです。でも、これは教えられないんです。タイミングは100人いれば100通りですから、自分の感覚で、自分で覚えていくしかないんですね」

 確信の持てないことを、知ったかぶりで言ったりしない。

「レベルスイングを誤解している人、すごく多いんです。プロの選手でも結構いるんですよ。レベルに振れていればいいのは、ホームベースの上だけなんです」

 そう言いながら、トップからゆっくりとグリップを振り下ろしながら、

「ここだけです。ここだけレベルに振れていればいいんです」

 と、ベースの上でゆっくりと手首を返してみせる。手首を返す瞬間だけ、確かにスイング軌道が“レベル=水平”になった。

「あ、そうだ……。試合で結果出せるバッターって、どんなヤツだかわかります? 相手のピッチャーをよ~く見てるヤツですよ。もちろん、今投げてるピッチャー、ブルペンにリリーフが出てくればそっちも。ベンチからも見てるし、ウェイティングサークルでも見ながらタイミングとってる。内川(聖一)なんて、そうですよね。やっぱりバッティングはタイミングなんですよ」

【次ページ】 強豪・名門の指導者にも来てほしい。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

齊藤明雄
定詰雅彦
石毛宏典
中根仁

高校野球の前後のコラム

ページトップ