欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

長谷部誠の茶髪時代を覚えてる?
失点0にこだわり続ける職人の今。 

text by

本田千尋

本田千尋Chihiro Honda

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/11/24 11:00

長谷部誠の茶髪時代を覚えてる?失点0にこだわり続ける職人の今。<Number Web> photograph by AFLO

身長180cmでスリムな長谷部はブンデスリーガでも小柄な部類に入る。大きな選手をふっ飛ばしている光景も、珍しくない。

圧巻の攻撃力を誇るFWだからこそ。

 メンバーが入れ替わり、当初は多少の混乱期にあったチームも、戦術的に成熟の一途を辿っている。

 攻守の切り替え、連動性を高いレベルで実現する。新加入のフィリップ・コスティッチは、昨季所属のハンブルガーSVでドリブラーとして鳴らしていた姿はすっかり影を潜め、堅実な左ウイングバックとして機能している。ここぞというときに、ドリブルでサイドを抉るのだ。

 そして圧巻の破壊力を誇る攻撃陣。

 第8節のフォルトゥナ・デュッセルドルフ戦で5得点を挙げ、計9ゴールで得点ランキングの首位に立つ20歳のルカ・ヨビッチ。

 そして8ゴールでランク2位タイに付ける長身のフランス人FWセバスチャン・アレ。

 さらにロシアW杯で準優勝の偉業を成し遂げた、技巧派のクロアチア代表アンテ・レビッチ。

 テクニックと高さと決定力が絶妙に組み合わさった前線を、長谷部は、ブンデスリーガで1、2位を争うクオリティと自負している。

 こうした「トップ・マンシャフト」の最後の番人を任されているからこそ、長谷部はゼロに抑えることにこだわるのだ。

まるでカテナチオのような思想。

「前の選手たちが、点を取ってくれる感覚がある。後ろがしっかりゼロに抑えることができれば、やられない感覚、負けない感覚がある」

「後ろ」の選手として、失点をゼロ、もしくは最少に抑えることができれば、このチームは負けない。勝てる。

 来季もヨーロッパの舞台に立つに相応しいクオリティを、「今このブンデスリーガで」フランクフルトは備えている。3バックの中心でチームを引き締めるリベロは、そう考えている。

 シャルケ戦を3-0の快勝で終えて「今日はトップ・マンシャフトであることを示せたと思うし、これで9試合公式戦負けなしですけど、今やっていて本当にいいチーム状態かと思います」と力強く語った長谷部。

 その理想とするところは、まるでイタリアの伝統“カテナチオ”だ。

【次ページ】 茶髪時代の長谷部を知っているか?

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

長谷部誠
フランクフルト
浦和レッズ
ダビド・アブラアム
エヴァン・ヌディカ
アディ・ヒュッター

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ