欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

長谷部誠の茶髪時代を覚えてる?
失点0にこだわり続ける職人の今。 

text by

本田千尋

本田千尋Chihiro Honda

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/11/24 11:00

長谷部誠の茶髪時代を覚えてる?失点0にこだわり続ける職人の今。<Number Web> photograph by AFLO

身長180cmでスリムな長谷部はブンデスリーガでも小柄な部類に入る。大きな選手をふっ飛ばしている光景も、珍しくない。

頑強な守備を誇る国にあって……。

 系譜を紐解けば大型のCBを売りにしてきたドイツ・サッカーにあって、180cmと決して長身ではない長谷部が3バックを束ねる様は、異彩を放っている。

 だがブンデスリーガを戦い抜いてきた日本人フットボーラーの能力に、懐疑の目を向ける者はいない。

 今ではヒュッター監督、チームメイト、ドイツ・メディア……フランクフルトを取り巻く誰もが認める守備の名手である。

 10月4日にホームで戦ったヨーロッパリーグのラツィオ戦では、チロ・インモービレと堂々と渡り合い、イタリア代表FWに仕事をさせなかった。ローマの名門を相手に守備に奔走するリベロは、もはやアズーリよりもアズーリらしかった。

 ロシアW杯の出場権を逃したイタリア代表は、カテナチオの伝統から離れつつあるようだ。ロベルト・マンチーニ監督率いるアズーリは、17日にサン・シーロで行われたネーションズリーグ、対ポルトガル代表戦を、どちらかと言うとポゼッション・スタイルで戦った。

 だが、本家がこれからどのような方向に向かおうとも、カテナチオの潮流そのものが途絶えることはなさそうだ。

 姿形は多少違えども、スペインではアトレティコ・マドリーが堅陣を築き上げている。

 そしてドイツでは長谷部誠が、最後の番人として門に鍵を掛けている。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

長谷部誠
フランクフルト
浦和レッズ
ダビド・アブラアム
エヴァン・ヌディカ
アディ・ヒュッター

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ